たかが12年 せいぜい3年

嵐ファン10年ちょいのオタクが 防弾少年団にハマって3年 比べたり並べたりしながら 思考を整理するための吐き出しどころ

第一印象とギャップ(グクちゃん編)

みなさんおはようございます!

書きたいな、書かなきゃ、絶対書いてやるー!の気持ちで書き上げた、ギャップ記事ラストのグクちゃん編。ようやくかけました!

書き始めてから、butterが出て、FESTAがきて、イル活がきて…あぁ言及したい!!と思いつつ、この記事が難産すぎてあっという間に時が経ってしまいました。

 

長くなりそうだなと思ってたとはいえ、まさかの長さ…字数の多さ…最後だからゆるしてください!それでは!!

 

【グクちゃん】

1.初期イメージに近いグクちゃん 

f:id:stars5-7:20210111082035j:image
f:id:stars5-7:20210111080021j:image
f:id:stars5-7:20210111080024j:image
f:id:stars5-7:20210111080005j:image
f:id:stars5-7:20210111075955j:image
f:id:stars5-7:20210111075958j:image


グクちゃんに関しては、第一印象から、顔がいいなあと思ったので、そこは揺るぎないですね〜。でも最初はかっこつけててクールな、すかしたやつだと思ってました(イケメンは全員すかしてると思い込むくせがあります)

 

2.現在のイメージに近いグクちゃん

f:id:stars5-7:20210111080309j:image
f:id:stars5-7:20210111080312j:image
f:id:stars5-7:20210111080305j:image
f:id:stars5-7:20210111080302j:image
f:id:stars5-7:20210111080612j:image

f:id:stars5-7:20210111081133j:image
f:id:stars5-7:20210111081213j:image
f:id:stars5-7:20210111081140j:image
f:id:stars5-7:20210111081150j:image
f:id:stars5-7:20210111081143j:image
f:id:stars5-7:20210111081206j:image
f:id:stars5-7:20210111081156j:image

 

グクちゃんは、わたしからの見え方が変わった、というだけでなくて、グクちゃん自身もわたしがハマってから今までのこの3年間でだいぶ変わったので多面性がありすぎて困ります。

わたしが好きになった頃はただの器用なイケメン赤ちゃんだったのに、今では体格も良くなり色気むんむんになっちゃって……あっという間に大人の青年になってしまいました。

でも赤ちゃんの要素がなくなったわけではないんですよね……。奥深いです。

 

グクちゃんを知ってわかった魅力。

 

  • 顔がいい

器用で大体のこと何でもできちゃうメインボーカルでありセンターでもあるゴールドマンネさんですが、結局1番に戻ってくるところは顔の良さです。(ギャップでも何でもない)

なんといっても目がくりっくりなので、真顔でも可愛いし、笑うと鼻のあたりがクチュッとなるのがめちゃめちゃ可愛いし、かっこいい曲では目に力を入れると一気に目つきが鋭くなるのもたまりません。

f:id:stars5-7:20210523222518j:image

f:id:stars5-7:20210523222645j:image

 

アイドルらしいマッシュも、長いのも結んでるのも黒髪もカラフルも何でも似合っちゃうさすがの顔面。チャラいのも可愛いのもかっこいいのもセクシーも似合います。どこに出しても恥ずかしくないバンタンの顔です。

 

これだけの顔を持っているのに本人は無自覚なのもいいですよね。最近はあんまりないけど昔のvliveを見てると、嫌味とかでなく本気で「何でこんなに僕はブサイクなんだろう…」とか言い始めるので、何を言ってるんだ?という気持ちになります。

 

  • 愛されマンネ

写真とかでの見た目でのマンネ感はあんまりないですが、動くとマンネ感があふれるぐくちゃんです(本人もそうだし、周りの接し方も)。きっと出会った頃の可愛い少年がみんなの頭から離れないんだろうなあと思います。デビュー後だって幼くて赤ちゃんみたいなのに、デビュー前なんてさらに幼かったんだろうなあ。

かわいいかわいい若ジョングク

f:id:stars5-7:20210606224549j:image
f:id:stars5-7:20210606224541j:image
f:id:stars5-7:20210606224535j:image

 

今では誰よりも筋トレをしてて大きなぐくちゃんですが、可愛がられてマンネ扱いされることを本人も嫌がってないのが可愛いですよね〜!!

メンバーとの関わり方(たとえばヒョンに対して呼び捨てだとか)の、「マンネだから許される」というラインの見極めもうまいし、時々、みんなに可愛がられる前提で行動してるのが見られて(おそらく無意識)、末っ子感を感じてニマニマしてしまいます。

すぐに思いついたのは「前髪ハート事件」です(事件??)

鏡に映る自分の前髪がハートなことに気づいたジョングクくん。通りかかるジミンに「ハートゥ!」とアピールするが無視されオコ!という短いエピソードですが、普段それほど甘やかされてるんだろうなぁ、と微笑ましくなります。

f:id:stars5-7:20210609001656p:image

f:id:stars5-7:20210609001731p:image

f:id:stars5-7:20210609001744p:image

 

あと、ジンさんは、そんなグクちゃんの幼さ?に1番付き合ってあげている印象があります。

これが最新のグクジン揉め動画ですかね!笑

誰のものかすぐにわかるようスマホに直接ペンで名前を書くジンさん(そこがまずすごいけど)→ジョングクがイタズラで"ジン"を"ジャン"にする→仕返しにポーチに落書きされる…という動画ですが、正直じんさんにこんな大胆なイタズラできるのジョングクだけな気がする。他のメンバーもジンさんのこといじったりするけど、そこまで踏み込んでもキャッキャはしゃいでられるのは意外とジョングクだけなんじゃないのかなあなんて思います。マンネの特権。

 

見た目が変わろうが中身は純粋な子どもの部分が残ってるし、やっぱり顔の可愛さと相まってオタクも赤ちゃん扱いしたくなってしまいます(たりょらの編集スタッフはしっかり赤ちゃん扱いしてますよねw)

 

 

ヒョン達を呼ぶぐくちゃんもめっちゃかわいいですよね!RMに改名してからもいつまでもレプモニヒョン呼びが抜けなかったのめっちゃ可愛くて好きでした。ヒョン!ヒョォン!とわたしも呼ばれたいです(むりです)

 

  • 純粋さ

テテちゃんの時にも純粋、と言う言葉を使いましたが、ぐくちゃんも純粋ですよねえ。

涙脆くて、コンサートですぐに涙を目にいっぱいに浮かべるぐくちゃんが大好きなんです。

コンサートじゃなくても、アーミーのことを考えると涙ぐんでしまうぐくちゃん…。こんなに愛されて幸せだなぁと思えます。

わたし的には、「きっぷんでぇ…(嬉しいのにぃ…)」と泣くぐくちゃんが可愛すぎて我が子かと思いました…

f:id:stars5-7:20210609134123j:image
f:id:stars5-7:20210609134127j:image

くちゃくちゃのティッシュで目元を抑えてるのも可愛い。

あとウィンパケでarmyに手紙を書いたら泣いちゃったぐくちゃん。

f:id:stars5-7:20210609134225j:image

公演中に流す涙。嬉しいも悔しいも感動もあるだろうけど、できるだけ感動の涙が多くあれ!と願うばかりです。

f:id:stars5-7:20210609134535j:image
f:id:stars5-7:20210609134522j:image
f:id:stars5-7:20210609134519j:image
f:id:stars5-7:20210609134538j:image
f:id:stars5-7:20210609134420j:image
f:id:stars5-7:20210609134515j:image
f:id:stars5-7:20210609134541j:image
f:id:stars5-7:20210609134700j:image

 

あと、純粋、というと、子どものように無邪気で好奇心旺盛ですよねえ。最近soop見返したんですが、自動で動くカメラをみてニッコニコになって、「すごい!すごい!」って興奮して、「追いかけてくるかな?!」って試してみるのとか、ほんとに無邪気で可愛かったです。メンバーといる時は、こうしたら変に思われるかな、とか辞めとこうかな、みたいなストッパーがかからないんだろうなぁと思うと関係性込みでめちゃめちゃかわいいです。

YouTubeのバンタンボムとかみると、そばにあるものは触ってみる、試して見る、遊んでみる…し、面白いものはモノマネするし(しかもクオリティ高い)、ジンヒョンがセルカ撮ってるとめっちゃくちゃ楽しそうに邪魔しにくるし

f:id:stars5-7:20210606221319j:image

こういうおふざけも大好きですよね。
f:id:stars5-7:20210530095825j:image

アトラクション系も大好きで怖いもの知らず。

絶叫系もバンジーだって楽しめちゃう無邪気な男です。

f:id:stars5-7:20210613084807j:image

 

  • なんでもできる

黄金マンネと呼ばれ、初めてやることでもうまくこなしたり、なんでもできるところがとにかく凄いグクさん!

  1. アイドルとしての素質

アイドルとしての素質(ビジュアル、歌、ダンス、ラップ、愛嬌)どれをとっても得意分野です。

ビジュアルはまず顔はイケメンで背も高くて足も長くて体格も良い。

歌もとにかく上手くて、音感がいいんだろうなあと思います。口から音源の安定感。高音も出るし、声もどんな曲にも合うクセのない伸びやかな声だし、ハモリでは主張しすぎず他のメンバーを引き立てることもできます。

ダンスも、体を大きく使って踊るのが魅力的で、曲の中でもセンターで振りを見せたりソロパートがあったりとか、メンバー内では3Jと呼ばれ、ダンスメンバーとして数えられる実力です。

ラップ志望ではないのに、高速ラップもできちゃうので、初期の曲ではボーカルにラップに…と大忙しでした。聞き取りやすいリズム感のあるラップで大好きです。個人的にはホルモン戦争のラップが好きですね〜

 

愛嬌 ニコニコ笑ってるだけでも可愛いですが、サイン会とか見ると、一人一人への対応が甘すぎて嫉妬するほどです

f:id:stars5-7:20210606225831j:image
f:id:stars5-7:20210609160253j:image
f:id:stars5-7:20210609160257j:image
f:id:stars5-7:20210609160247j:image
f:id:stars5-7:20210609160250j:image

 

 2.運動神経

パワー系もスピード系もできるぐくちゃん。リアタイで見ていたわけではないけれど、アユクデのリレーやレスリング?などの映像は、抜群の運動神経+負けん気の強さで無敵のぐくちゃんが見られてとてもすきです。

他にもたくさんありますがとりあえず二つ貼っときます。もっと見たい方はアユクデ、グクで検索してね!

勝負事以外でも、Twitterにあげられた筋トレやボクシング、プールの動画、ガチすぎてビビりました笑

ボクシング

筋トレ

プール

すごすぎるペットボトルチャレンジ

たるばんでも、身体動かす系のゲームがあるとメンバーが、ジョングクには勝てないと諦めてますね笑

最近はとにかく筋肉がすごすぎる 肩の厚みがすごいし太ももはち切れそう

f:id:stars5-7:20210613001504j:image

顔が可愛すぎて合成感ある

 

 3.なんでもできる できないことがない?

基本的に何事もセンスがいいので大抵のことはこなしてしまいます。

・絵も描ける

f:id:stars5-7:20210609222933j:image
f:id:stars5-7:20210609222927j:image
f:id:stars5-7:20210609222936j:image

 

・動画作成もできる

だいすきな、GCF東京。

GCFいくつもあがってるけど、結局のところこれが1番好きです。グクミンの東京デート。

カメラも好きで、GCPとしてあげてますね。グクちゃんの切り取る風景がとても好きです!

・手先が器用

作ることが好きだから、たりょらでの縫い物や、陶芸とか…図工や美術系のものは大抵できますよね。凝り性なのもあるし。

料理もやればそれなりにできますよね。soop見てる時に、タレの調合をするジョングクを見て、ほとんどバンタンのことを知らない母が、なんでこの子なんでもできるの?とびっくりしてました。

・耳がいい

モノマネスキルが高いです。

メンバーの歌マネとかもそうだし、英語はからっきしできないはずのジョングクですが、英語の歌のカバーはさらっとこなしてしまうから、きっと耳がすごくいいんだろうなぁ。

本気で語学に興味が湧いたらすごく発音も良くなるしめちゃくちゃできるようになると思います。

グクさんは、やってみたい、できるようになりたいと思ったことに対しての探究心と凝り性がすごいですよね。もちろん元のセンスもあるけど。

ジョングクをみてると、この子にできないことは何?!と言いたくなります(よく公式字幕では「できないことができない」と書かれています)。

 

ここまでくると、完璧人間なのか?と思ってしまうけど、でもファンはグクが完璧人間じゃないことを知っているんですよねえ。

その隙があるところが、ジョングクの人間としての魅力の一つだと思います。

 

  • 完璧人間じゃない

なんでもできちゃう黄金マンネのグクちゃんですが、時々ポンコツ感が出ているのがなんとも可愛くて愛される秘訣だと思います。

・英語

英語が苦手なぐくちゃんは、どうやらJulyがわからないらしいです笑

このRM1分英語シリーズめっちゃ好きだからもっと見たい。pardon回も最高だよね。

昔はこんな感じだったけど最近はお勉強頑張ってるらしいのでもう苦手ではないかもしれませんね。

わたしの認識では、英語以外にもお勉強はあんまり得意じゃないのかな?と思ってたんだけど、学校で点数は高かったというツイも見たことがあってよくわかりません

とりあえずハテナいっぱい浮かべてるぐくちゃんがかわいいです

f:id:stars5-7:20210613001232j:image

 

・球技は得意じゃない?

運動神経抜群で、運動のヒーローかと思いきや、球技は大して得意じゃないようです。

バンタン×球技はRun btsでたくさん見られますが、毎回ぐだぐだぽんこつすぎて抱腹絶倒なのが魅力です。メンバー全員どっこいどっこいなのが可愛いところです。きっとセンスはあるのでちゃんと学べば上達は早いと思いますが…!

f:id:stars5-7:20210613084642j:image

 

・服に興味ない

よくツイッターでは「センスが中学生」といじられています。

f:id:stars5-7:20210613084952j:image

クソダサズボン。

楽さ重視の生活韓服。ブームは終わったんでしょうか?笑

f:id:stars5-7:20210613085200j:imagef:id:stars5-7:20210613085204j:image

機能性重視なダサカメラバッグの一件は面白かったですよね〜

さすがにもう使ってないかな?ジミンさんのあげたバッグはどうなったんでしょうか?

f:id:stars5-7:20210613085501j:image

高級バッグをもらったのに嬉しくなさそうなぐうさんww

 

ここまで見て、

ダサいなんて言わないで!無頓着なだけ!

と言いたいarmyもいると思いますが、だってタトゥー見てよ…ぶっちゃけ…ダサくね!?

ジミンみたいにワンポイントならいいんだけど、こうジョングクさんの入れたいもの詰め込みました感がやはり厨二くささを感じるのでした。でも、結局はそういうところも含めてかわいい!と思えてしまう愛され末っ子の特権ですね。

・飽きっぽい

これは本人が言っていますね。「いろんなことに興味がありすぎて長続きしない」みたいなことを良く言っています。2020年はボクシングにハマっていたようだけど、最近はやってないんでしょうか?soopの頃はギターにハマってたけど最近は…?とたしかに、最近どうしてるんだろう?というジョングクのブームの数々が気になるところです笑

 

と、ここまでぐくちゃんのできないことを並べてみましたが、結局たくさんの魅力と比べると全然あってないようなもの、むしろ可愛さが増すばかり…とオタクは思うのでした。

 

  • 本当に歌が好き

グクさんはなんでもできる割に自分に自信がないですが、歌に関してはそれなりに自信が見えるところがすきです。自信というよりは、本当に好きなんだろうなあと思います。

世の中に歌唱力が高い人はたくさんいるし、もちろんバンタンのボーカルはみんな上手いんですが、個人的に"鼻歌まで上手い人"は格が違うなと、思っていて。真剣に歌うんじゃなく、気軽にフンフン歌ったり、口ずさむ時って気を抜いてるから音がずれたりリズム狂ったりするじゃないですか。でもジョングクは、何かしながら片手間で歌っている時も上手いな…!と思います。ジョングクの歌を聴いて、あれ?って思ったことがない。あと、たりょらとかでカラオケができる場所があると、絶対歌っているのがぐくちゃんです。本当に歌うのが好きなんだなあと思います。

あと、ぐくちゃんがsoundcloudにあげたり、Twitterにあげたりするカバー音源、たくさんありますよね〜!ほんとに上手いし、耳馴染みが良いです。わたしはよく寝る時に聞きます。YouTubeのグクちゃんカバー曲のまとめ動画の再生回数めっちゃ貢献している自信あります。

そして、歌になると、英語に対して全く抵抗なくなるのがすごいなと思います…日本公演でlemonをカバーした時もそうですが、ほんとに歌が好きじゃなきゃ外国語曲覚えて歌うなんて自分からしようと思わないよな〜っと思います。

 

  • 色気

さあ、ここまでは可愛いぐくちゃん中心に語ってきたのですが、最近のグクさんといえば色気です!

f:id:stars5-7:20210621195221j:image
f:id:stars5-7:20210621195217j:image
f:id:stars5-7:20210621195224j:image

2019年の長髪グクさん本当に色気えぐいですよね…目に毒です。このロッテコン?の日Twitter大荒れでした。

f:id:stars5-7:20210621195426j:image

f:id:stars5-7:20210621195636j:image
f:id:stars5-7:20210621195633j:image

前髪短い時とのギャップが大きいからですかね〜いやらしいんですよね〜

マジショの時の韓国公演でpied piperをスタンドマイクで歌うグクさん好きすぎてめちゃくちゃ見ました。

 

  • 自分に厳しい

自分に厳しいグクさん。よく公演の後にうまくできなかったと言って泣いています。どんな派手なミスをしたのかと思うと、実際は誰にもわからないようなミスとも呼べないような失敗で、ただ自分が満足できなくて悔しがっています。

印象深いのは映画でも取り上げられていた、シンガポール公演後に泣く姿や、足を怪我して踊れない時の悔し泣きなど…それ以外にもいくつかあった気がします。

あと、自分のソロは必ず毎公演、リハーサルをやっているところとか。メンバー全員でのリハでも、ダンスで力を抜きがちなメンバーに対して、ぐくちゃんは大体しっかり踊っているイメージがあります。

 

  • ステージの鬼

グクちゃんの長所でもあり、短所でもあるところですが、グクちゃんはいつでもパフォーマンスに全力なので、力配分がうまくありません。そのことで、よくホビさんに怒られています。怪我した足が完治してないのに踊っちゃったりとか、熱い中で曲が続くから、もっと調節しないとしんどいよ!とか、明日も公演だから調整して!とか、舞台に立つと、そんな言葉が全く頭からなくなるグクさんが心配でもあり、大好きでもあります。

その公演は一回きり、その日のお客さんのために、手を抜きたくない、全力でやりたい、というグクちゃんの考え方もとても好きです!特にライブ中盤のメドレーでのぐくちゃんは、もうスイッチが入ってて、アドレナリン出まくってるんだろうな〜という表情をしているので、それもライブの醍醐味だと思います。もちろん心配もするけれど。

f:id:stars5-7:20210621204953j:image
f:id:stars5-7:20210621204837j:image

 

 

  • リアコ

顔はめちゃくちゃ可愛くて、もちろん一般人とは格が違うのだけれども、それでもリアコになってしまうのは、その身なりの無頓着さからくるものなんでしょうか?

前にブログでも散々騒いだこともありましたが、Tシャツにリュックの寝癖ボサボサのグクちゃんが個人的にリアコすぎます。

f:id:stars5-7:20210621203957j:image
f:id:stars5-7:20210621203950j:image
f:id:stars5-7:20210621204004j:image
f:id:stars5-7:20210621204001j:image
f:id:stars5-7:20210621203953j:image

 

  • ぐくちゃんかわいいかわいいタイム

ここまでいろいろ言いましたが、私にとってグクちゃんはやっぱりとにかくかわいい!ということで可愛いところを沢山集めてみました

・食べてるの可愛い

いつも何かしら食べているのが可愛いです。

このホットドッグ解説員のグクちゃんめちゃくちゃかわいいのでぜひ日本語字幕で見てね

f:id:stars5-7:20210621204203j:image

カップ麺6個食べた翌日のグクちゃん。

 

・アーミーを一生懸命見るの可愛いf:id:stars5-7:20210621204826j:image

f:id:stars5-7:20210621204901j:image

マイクで目元眩しくないようにするやつ、よくやってるけどかわいい。

 

・汗の拭い方が可愛い
f:id:stars5-7:20210621204833j:image
f:id:stars5-7:20210621204840j:image
f:id:stars5-7:20210621204830j:image

 

・おねむなの可愛い

f:id:stars5-7:20210621205318j:image
f:id:stars5-7:20210621205322j:image
f:id:stars5-7:20210621205314j:image

 

・ぬいぐるみに容赦ないぐくちゃんかわいい

f:id:stars5-7:20210621205558j:imagef:id:stars5-7:20210621205616j:image
f:id:stars5-7:20210621205612j:image
f:id:stars5-7:20210621205609j:image

 

・うさぎみたいで可愛い

f:id:stars5-7:20210621231351j:image
f:id:stars5-7:20210621231326j:image
f:id:stars5-7:20210621231329j:image
f:id:stars5-7:20210621231333j:image
f:id:stars5-7:20210621231323j:image
f:id:stars5-7:20210621231345j:image
f:id:stars5-7:20210621231402j:image
f:id:stars5-7:20210621231339j:image
f:id:stars5-7:20210621231357j:image

 

・結局笑ってるのが可愛い

f:id:stars5-7:20210621210528j:image
f:id:stars5-7:20210621210546j:image
f:id:stars5-7:20210621210503j:image
f:id:stars5-7:20210621210521j:image
f:id:stars5-7:20210621210555j:image
f:id:stars5-7:20210621210532j:image
f:id:stars5-7:20210621210456j:image
f:id:stars5-7:20210621210540j:image
f:id:stars5-7:20210621210551j:image
f:id:stars5-7:20210621210500j:image
f:id:stars5-7:20210621210525j:image
f:id:stars5-7:20210621210507j:image


f:id:stars5-7:20210621210510j:image

アッ!手が滑った
f:id:stars5-7:20210621210535j:image

美〜!!!ヒーーーー!!!

 

 

 

これがやりたかっただけです。

 

 

 

今回はもうたくさん画像貼ったので、おまけは割愛!

 

最後まで読んでくださった方ありがとうございます。

このギャップシリーズの記事はこれでひと段落です。書いてて楽しかったけど正直大変だった部分もあって、マンネズらへんからは、「ぶっちゃけ、ギャップってなに?!」って原点に立ち返ることもしばしば…そして、だんだん凝りだして公式TwitterとかYoutubeのリンクを貼りだしたので労力がすごかったです。大体こういうシリーズものってだんだん凝って長くなっていくものですよね〜。

 

それにこのギャップ記事はブログ内でも特によく読まれている記事の一つなのでちゃんと書かなきゃ!というプレッシャーもありました。

この感情や葛藤?も少し詳しく書きたいのですが、長くなっちったのでそれはまた別記事で書くことにします!

それでは、読んでくださりありがとうございました!画像動画Twitterたくさんお借りしました。

 

バンタンさんとお名前事情

みなさんお久しぶりです!

仕事の繁忙期と引っ越しが重なりバタバタと…3ヶ月近く空いてしまいました。

 

そして今回のテーマは、お名前です!(予告してた記事と違ってすみません)

よくTwitterで韓国に詳しい方々が、バンタンさんのお名前事情についてツイートしてくださるのが、とても興味深くて、ふむふむ…と呼んでいるのですが、結局のところ、日本人の名前で言うとどんな感じ!?と想像がつかないことにモヤモヤしていました。

(日本人で言うと…と考えたくなるのは私だけですかねえ…むちゃぶりだとは思いつつ…)

知恵袋とかでも、日本で言うとどんな名前??と書いてる人は何人かいるものの、はっきり答えている人はいない…ということで、

それなら、ここで、私が勝手に日本人化した名前を考えてみよう!と思い立ったのです。

 

わたしは韓国に詳しいわけでもなく、韓国人の友達がいるわけでもないのですが、ネットを漁っていろんな方のご意見をたくさん読んで、いろんな方向性から考えていきたいと思います。

なお、出典は書かないですが、間違っている情報や、勝手に引用してはいけない情報などありましたら教えてください。

 

さて、名前を考える上で考慮する点…

・人口に対する割合が近い

・響きが近い

・意味が近い

・漢字が近い

などなど…

全ての要素を兼ね備えるのは難しいので、結局最後は私の好みと妄想で決める感じになりますが、それでもよい!というかたはぜひお付き合いくださいませ。

 

f:id:stars5-7:20210504123721p:image

 

 

【苗字】

それぞれの名前の人口ランキングで単純に比較すると

キム김(金)→佐藤 1位 人口割合21.59%

パク박(朴)→高橋  3位 8.47%

チョン정(鄭)→渡辺 5位 4.37%

チョン전(田)→前田 35位 0.41 %

ミン민(閔)→三浦 47位 0.35%

 

らしいのですが、正直日本人的には、同じグループに佐藤が3人ってあんまりリアリティがないじゃないですか。なぜって佐藤は人口の1.53%に対して、キムは人口の21.59%なんだから。

日本人は、名前の種類がありすぎて、たとえば100位の市川って苗字だってそれなりに多い名前だな〜って印象だと思うんですけど、

きっと韓国人としては、クラス30人いたらキムさんが6人な訳なので、逆に上位10位くらい?以外は珍しい…って感じだと思うんですよね。そこの感覚が違うので比較が難しいです。

 

ということで、順位での単純比較ではなくパーセントで区切ってその中で1番ピンとくる苗字にしたいと思います。

キムさん21.59%は日本で言うと1位佐藤さんから40位村上さんまで全部をひっくるめるほどの割合なので、ここでは3人それぞれ、ナムさんを1位佐藤、ジンさんを6位伊藤、テテちゃんを10位加藤さんにします。(適当かよ)

 

2位のイさんが14.7%なので、日本で言うと130位本田さんくらいまで(このへんで計算がだるくなった)

 

パクさんは131位辻さん〜くらいになるわけだ。ということで、ジミンさんの苗字はこのあとのランキングの中でジミンさんに合いそうなやつを選ばせていただきます。

 

……ここにきて考え方がこれであってるか自信なくなってきた…

パクさん人口の8%もいるのに、これでいいのか…?

いやでももうここまできたら貫きます。パクという響きに近めで、なんとなく合いそうなの…166位の堀とかどうでしょう。

彼は堀くんにします。決定!

 

ほびちゃんはもうちょいランク下の方見てみて、なんとなく合いそうなのは…あ、316位西野とかどうです??結局感覚で決めてしまっているけれど、自分の感性を信じます。

ホビさんは西野くん!決定!

 

さて、ミンユンギさん、チョンジョングクさん。

これは名前の話でTwitterで見たやつなんですが、

ミンユンギの「ギ」、チョンジョングクの「グク」という止め字が男らしくてやや古風な印象だけど、苗字が野暮ったくなくありきたりじゃない(とはいえ珍しすぎるわけでもない)からフルネームでの響きがとても綺麗でかっこいい

というツイートを見たんですよね!!

なので個人的に、珍しくはないけどありきたりでもなくて、なんかちょっとかっこいいなと思う苗字を挙げてみたいと思います。(センスがバレる)

一ノ瀬 早瀬 桐谷 桐生 湊 橘 羽生 服部 

(謎の「瀬」と「桐」への信頼感。漫画の影響が強い説ある)

うーん、この2人は名前も考えた上で考えます。保留。

  

 

【名前】

1番決めやすかったのはジミンさん。

ジミンという名は、中性的で男女どちらにも使える名前。とのことです。

その名前の人気は今も衰えていないようで、

2020年の韓国の名前ランキングを見ても、ジミンという名前は男児80位、女児56位と上位に入っています。

ということで、ジミンさんの名前は、95年生まれにいてもおかしくなくて、今でも流行っている名前、男女ともに人気だけど、どちらかというと女児に多い…ということで、2020年の日本の名付けランキングを見てみました〜!!

 

すると、おお!日本にも男女両方100位以内にランクインしてる名前を発見。

・みつき 女26位 男65位

・れい       女42位 男43位

・はる       女46位 男16位

・せな  女56位 男74位

・なつき 女67位 男97位

 

ランキング的に1番近いのは「せな」だけど、ちょっとせなくんって今ドキすぎる感じがするので…なしかな。

「れい」も同じ理由でなしかな。(知り合いにいるから、というのもあるかも笑)

 

個人的には みつき が推しです!あざとさとかっこよさのバランスが程よいというか…。

でも日本の場合漢字でわりと性別が限定されてしまうのでユニセックス感が薄れちゃうんだよなあ

充希とか1番男女両方いける?

光紀とかも?

たのしいこれ!!笑

 

苗字に合わせてみよう。

堀充希 なんか堀北真希感強いな。

堀光紀 いいかな?なんか堀がゲシュタルト崩壊してきた。

光基 光希 光樹 光葵 光輝…

ジミンちゃんの親になった気分!(なぜ?)

 

f:id:stars5-7:20210502134415j:image堀光紀くんにします!!

かっこいいじゃん!笑

 

さて2番目はナムジュンさん。佐藤さんですね。

ナムジュン、と言う名前はそれほど多くはないけれど「ジュン」という名前は今時で流行りみたいですね。2020年のランキングも順位の上位を○ジュンくんが独占しています。

日本で流行りの止め字といえば、94年基準でいうと「太」「樹」「輝」「哉」とかですかね〜もうちょい今に近づくと「斗」「翔」とか。

でもナムさんには「南俊」がめちゃくちゃ似合う感あるので、そのまま俊を使いたい気もする。

しゅんた、しゅんき、しゅんや、しゅんすけ…

うーんでもジミンちゃんで「き」使ったし、しゅんやはどうでしょうか?

 

俊哉 俊弥 俊也 またゲシュタルト崩壊

佐藤俊哉…なんか見たことあると思ったらこれ宮田くんと漢字一緒じゃん。でもいいか。

俊哉にします!

 

f:id:stars5-7:20210502141516j:image佐藤俊哉くん!決定!

 

続いてテヒョンさん改めて加藤さん。

そして、ジンさん、ホソクさん。

テヒョンはよくいる名前。(あまり流行り廃りのないかんじ??)

ホソク、ソクジンは現代のかっこいい男の子の名前とのこと。うーん、「はると」「そうた」「ゆうと」「たいき」「こうた」「ゆうすけ」「りょうた」「こうき」「けんと」「かずき」「なおき」「たくみ」こんな感じ?

テヒョンときいて浮かぶのがテテちゃんとTxTのテヒョンくんなのでめちゃくちゃイケメンの名前考えちゃうんですが…

でもテテちゃんは自分の漢字の泰亨という名前を漢字込みですごく気に入っているイメージがあります。全てうまくいく、という意味もテテちゃんに合ってて良いですよね。とはいえ亨という字はちょっと使いづらいので、泰という字をベースに考えてみます。

f:id:stars5-7:20210504124219p:image

たいせい、たいき、たいすけ…

たいせいってかっこいいかもしれない。

泰晴、泰生、泰成…どれもいいな

f:id:stars5-7:20210503233637j:imageよし!加藤泰に決定!…確実に加藤界のトップだわ…

 

ホソクさんは、友達に意見を聞いたら「あきら」ぽいと言っていました笑 

個人的に「たくみ」もいいかなと思ったんですが、最近アイドルに「たくみ」が多い気がするのでちょっと被っちゃうかな?

世代的に完全にあきらと聞くと修二と彰にひっぱられちゃうんですが、どうだろう今どきっぽい?

あきらって読む字が多すぎるなあ

輝、晃、彰、章、暁

まって、「暁」見てたら漢字の意味に「太陽、希望」ってあって、これしかないってなりました!ぴったり!

f:id:stars5-7:20210504125657j:image西野暁くん。推したい!

 

続いてジンさん改め伊藤くん。

ジンさんはジンという響きが似合いすぎて、まんま「仁」にしたい気持ちもありますが、それじゃあ面白みもないので…濁点入ってて2文字、ってとこでガクくんとかもいいかなと思ったんですが、もうちょい身近な感じにするなら「ゆうすけ」とかもぽくないですか?

でもジンさんの名前の、「大きな宝となるように」という意味が最高にいいんだよなあ…

宝物という意味のある王へんの入った漢字で考えてみます。

珀、琉、琳、瑞、瑛…

瑛いいかも。

えいた、えいすけ、えいと…えいすけかな。

瑛介 瑛祐 瑛佑 瑛亮…

f:id:stars5-7:20210504133022j:image伊藤瑛介くんに決定!(この画像、特にえいすけぽい笑)

 

 

さて、ここからは難題のジョングク、シュガの名前です。

ジョングク、ユンギの名前はやや古風で男らしい、だけど苗字と並んだ時のバランスがいい、とのこと。

古風ってなんだろうな。○太郎とか○一郎とか、○吉とか○のすけとか、○蔵とか、○一とか、○夫とかそんな感じかな?あとはヒロシとかオサムとかキヨシとかそんな感じ?あとは訓読みで4文字とか?

 

ジョングクさん、早瀬廉太郎とかどう?響きはめっちゃかっこいいけども…古風感ない?

もうちょっと重みのある感じがいいかもしれない。柾國だもんなあ。

「そうきち」とかほどよく古風じゃない?「せいのすけ」とか…「そうじ」とか?いいかも。

蒼司 蒼士 壮児 奏士 宗治 漢字が多いな!

早瀬蒼二 …彼次男だから笑(昭和の考え方)

響きと字面はめっちゃかっこいいと思うんですけどどうでしょ?

f:id:stars5-7:20210504145204j:image早瀬蒼二くん。これでいきます。

掃除はやくせい!っていじめられちゃうかな…(無駄な心配)

 

あとユンギさんはユンギ、という言葉の意味として艶という意味があることも捨てがたい。ミンユンギ、という響きが美しいとも見ました。難しいなあ。

個人的にユンギさんは「○彦」という名前似合いそうな気がします。

(あたしンチのゆずひこに引っ張られてる説ある)

f:id:stars5-7:20210504154302j:image

「はるひこ」「よしひこ」「かずひこ」とか。

あとは「はじめ」とかも合いそう。

響きが綺麗というと、「きょういち」とか、「きょうすけ」とか。

苗字を桐生にして、はじめにしたらめっちゃ名前綺麗じゃないかな?

桐生肇 桐生創 どっちかかな?

f:id:stars5-7:20210504143020j:image桐生創くん。こりゃあオタクに名前天才すぎるって言ってもらえそう。古風かどうかはちょっと微妙だけど…。

 

 

さてさて。ということで7人分名前が決まりました!!


f:id:stars5-7:20210504154543j:image

左から

早瀬 蒼二 (はやせ そうじ)くん

佐藤 俊哉 (いとう しゅんや)くん

加藤 泰成 (かとう たいせい)くん 

伊藤 瑛介 (いとう えいすけ)くん

桐生 創  (きりゅう はじめ)くん

西野 暁  (にしの あきら)くん

堀 光紀  (ほり みつき)くん

えー!!!イケメン集団!!!

(私しか楽しくないやつ?これ?)

 

多分韓国在住の方とか、詳しい方から見たらツッコミどころ満載だと思うし、結局私のセンスと好みだけで決めてしまった感があるので、ぜひぜひ異論あればおっしゃってくださいね!(誹謗中傷はやめてね)

もちろん私的にはこれ!っていうしっくりくる名前があったらそれも教えて欲しいです。

きっと、私も1年後とかに見たら反論したくなると思います笑

 

こういう議論は…頻繁にしたいほうです(あれ、この構文…?)

 

今回の記事、またいつもと違う感じの1人で大暴走記事でしたが、わたしはとても楽しかったです!

 

次こそ、ジョングクギャップ記事を…!書きたい…な。

 

 

近況、

最近は日プ2にハマっております。1番最初から追うのは初めてなのですが、40位ギリギリの子ばかり応援してしまっているので、胃が痛い日々です。

 

明日で連休が終わってしまうので、それも胃が痛いです。

最近バンタンのライブ映像をたくさん見る機会があり、本当にライブに行きたくて仕方ないです。

あと、身近にバンタン好きな人がここ一年で本当に増えたな〜と実感します。嬉しいようでなんだか寂しいので、謎にいつもマウントを取ってしまう痛い古株ぶってるオタクです(全然古株じゃないのに)。次ライブできたら倍率がだいぶ上がってるんだろうなあ〜〜〜〜

 

とにかくとにかく

はやく状況が良くなって、おあずけになってるツアーをやってほしいの一心です。

自分がいけなかったとしてもライブのレポやマスターさんの写真、動画で溢れかえるTLがみたいよお〜〜!!

 

みなさんもお身体に気をつけて、新曲を楽しみに頑張っていきましょう!!!

それではあんにょん〜!

推し、燃ゆを読んで(ネタバレあり)

読書感想文のつもりが、結局は後半は自分語りです。

f:id:stars5-7:20210216220026j:image

『推し、燃ゆ』を本屋で購入し、読んだ。

推しが燃えたことのある人間として、読まなければいけない気がした。活字を読むのは嫌いじゃないけど、単行本を買うのはなんと流星の絆以来だ…

 

ジャニーズタレントのオタク語としては推しという表現よりも担当(自担)と呼ぶことが多いと思うけど、今回は推し燃ゆの感想ということもあり、推しという言葉を使わせてください。

 

----------

 

 

推し燃ゆは、「推しがファンが殴った」ということで炎上することから始まる。

私の読んだ感想として、この物語で個人的に引っかかったことは、「結局なにもわからない」ことでした。推しの本当のことは、ただのファンであるあかりには結局なにもわからない。

彼のテレビやライブやラジオやらの表舞台での発言や行動パターンを分析して解釈して、その分析結果の正確性が周りのファンやメンバーにも認められていたはずのあかりが、結局推しのことは一つもわからないのだ。

なぜファンを殴ったのか。なぜ理由を説明しないのか。なぜ、所属グループは解散するのか。なぜ結婚するのか、相手は結局誰なのか。なぜ、芸能界を引退するのか。これからどうするのか。

噂によると、○○らしい。そんな不確かな情報しか得られないし、その噂から見えてくるような見えてこないような推しの実情が、これまでのあかりの分析してきた推しとは、あまりにも乖離している。

その、「推しとオタクとの距離感」がリアルすぎて辛かった。把握して理解して近付いていたつもりだったアイドルのことを、結局何も理解していなかったし把握できていなかったと悟ったシーンが胸が痛くてたまらなかった。

推しだって全部ファンに曝け出しているわけではないし、隠したり嘘をつく時もあるし、それに人間だから考え方が変わったりするし、その変化の方向性とスピードについていけないとオタクってしんどいよね。推しが教えてくれない余白の部分も含めて解釈したい人。教えてくれない余白の部分はないものとして解釈したい人、それぞれに別のリスクがあるよね。三次元の人間を推すのって難しい。

殴った理由がわからなくても信じ続けていたし、どれだけ多くの人に叩かれていても応援し続けていたし、今後も何があっても推し続けるように見えたあかりが、推しを推すのをやめた、と取れる終盤に、あかりの中にあった気持ちは「無力感」じゃないかな。

 

アイドルが卒業したり引退したりして姿が見られなくなっても変わらずに応援しているオタクはいるけど、ブログとかSNSとかで発信するタイプのオタクは明らかに他のファンからの反応が薄くなって、モチベーション下がっちゃうよね。オタクってやっぱり他人の存在なく自己満で続けるのはしんどいし、新しい情報がないとなおさら何も生まれない…

やっぱり好きな気持ち、応援してる気持ちもだんだん胸の奥にしまわれていくんだろうなあと思う(もちろん何かのきっかけでまた火がつくことは大いにあるけど)

 

----------

 

推しが推しじゃなくなる瞬間ってほんとに人によって違って、いつのまにか優先順位が下がりなんとなくフェードアウトする人もいれば、なにか大きなきっかけがある場合もあるでしょう。それは進学とか就職とかの、自分のライフスタイルの変化かもしれないし、推し側の要因かもしれない。

 

 

私よりファン歴の長い同担の後輩は、結婚の報道を聞いて推すことをやめた。

彼女の気持ちの大きさを知っていたから、彼女のSNSでの降りる宣言を聞いて、そんな簡単に降りられなくてどうせすぐ戻ってくるだろうと思っていた。でも本当にその日から活動休止まで、彼女が彼の名前を出しているところを見ることは一度だってなかった。

彼女は彼に絶望した、信じられないと話していた。

 

 

私の推しは結婚で燃えたけど、

少なくとも私の周りには恋愛すること自体を否定する人はいなくて、叩いている人の大体は、相手の人間性やプロ意識やタイミングについて荒れていた。

わたしも同調したし、最初は「信じられない」と思った。

だけど、その時の私は推しを失った後の自分が想像できなくて、日常の中の楽しみを失うことが何よりも怖くて、見ないふりをした。絶望の中にも彼の誠意は見えると判断して推し続けた。

 

 

 

だけど、今年に入って私は彼を追うのをやめた。

理由の大きなひとつがお嫁さんの妊娠の件。

というよりは、それに伴う彼のApple Watchの件。

 

おそらく彼に絶望したのであろう"元ファン"によって並べられた、彼の行動の事実を眺めていると、

大事な時期に彼の優先順位の一番は家庭のことだったのかと私も思うようになった。

 

いやまあそのことは、もちろん悪いことではないし、そうである人を否定しているわけではないし、アイドルはみんなそれではいけないと思っているわけではないんです。

ファンがいる芸能人だってなにより家庭が大事ですって公言しているんなら、それはそれで潔くていいかもしれない。

 

でも、彼やグループメンバーが全く結婚のことに触れないのは、変わらずアイドルでい続けてくれて、ファンの気持ちを汲み取ってくれてるからだと思ってたんだけどそんなことなかったのかなあ。

 

私は自論として、アイドルはアイドルであることを自分の意思で選んで、望んでアイドルでいてほしいと思っているので、仕事以外に「アイドルで居続けるためのイメージや地位や立場を壊してでも手に入れたいもの」がある時点で、こちら側がアイドルでいることを強要しているようで萎えてしまいます。てか「壊してでも」という仮定がある時点で嫌だ。そのイメージや立場は自分一人で手に入れたものではないでしょ?

両方欲しいんなら、「絶対壊さないけど、その上でプライベートも大事にする!」くらいの覚悟が欲しい。欲張るんなら妥協せずしっかり欲張り切って欲しい。

 

彼はもともと、自分自身がアイドルであることを一番こだわっていたはずで、人にどう見られているのかを把握することに長けているはずなので、この一件はを見る限り、彼の意識が薄れて変わってしまったような気がした。

せめて嵐として表舞台に立つときは「嵐がいれば他に何もいらない」と言っていた二宮くんでいてほしかった。舞台の下のことは知らないよ、見えても見えないふりをするよ、でもファンとの空間でプライベートを持ち込むのはやめてほしかった。

 

そう思った瞬間、12/31に言っていた彼の言葉と、その言葉に涙した自分が霞んでとてもとても遠い存在になってしまった。 

 

この出来事が去年だったら、きっとわたしはなんだかんだ文句を吐き出した後に切り替えてまた推してたと思う。でも、今年は離れようと思うと簡単に離れられるようになってしまった。

実際に私はフジテレビの番組のピンチヒッターの回を見た1/14から、もう1ヶ月くらい彼の顔を見ていないし、彼の声を聞いていない。少し意図的に遠ざかっている。

自身の引っ越しのタイミングが重なったのもあって、彼に関するものは全部ではないけど、写真もうちわもコンサートのグッズも思い切って売ってみた。すっきりした。大した額じゃないけどまあまあお金が入った。

 

でも、もし今後グループが活動再開してライブができますってなった時、他の人のうちわを持っていくのはなんだか違う気がするし、結局私はまた黄色のペンライトを振っている気がして、うちわは数枚残しておいた。

嵐を好きな自分が好きだ。嫌いになりたくない。あのライブの非日常が好きだ。バラエティのわちゃわちゃが好きだ。関係性が好きだ。

推しが推せなくなったなら、箱推しになればいいんだろうけど、箱推しの仕方がわからない。

 

 

推しが推しじゃなくなったとしても、もう私の人生から彼のことは切り離せなくなっているのは事実で、彼がこれまでたくさんの嘘に紛れさせて、発してきた本当の言葉の数々はわたしのこれまでの考えに還元されている部分も多い。

推し燃ゆの主人公の"あかり"のように、彼の言葉を解釈してみたり、解釈してる人の文章を読むのが好きだった。推し燃ゆで登場した"あかりの推し"の考え方やひねくれ加減を見て、ああ、なんかあの人と被るな…と思った人、多いんじゃないかな……

 

彼を好きになって彼のような人がタイプになったのか、それとももともと彼のような人がタイプだったのかわからないけど、結局似たような人に惹かれがちなところがあって悔しい。

 

 

つい最近も、自分では全然そんなつもりはなかったんだけど、開始早々ハマり始めた日プ2(Produce 101 japan2)で私が今のところ1pickとして注目してる内田正紀くん、

Twitterで検索してると「ニノになんとなく似てる」というツイートを発見してしまい、ヒヤッとしてしまいました。

f:id:stars5-7:20210216215442j:image

全然気づかなかった〜!!でも言われてみれば確かに……この写真は特に似てる…

歌上手いところに惹かれたと思ってたんだけどもしかしたら引き寄せられるものがあったのか…?

 

 

二宮くんは、燃えてようが距離を置こうが、なんだかんだ一生頭からは離れられない気もする、私の「初めての推し」なんだなと思います。

(女は初めての男を忘れられないというから…)

 

 

おわり。     

 

 

 

 

 

推し、燃ゆとても読みやすかったので、普段小説読まないけど久々によみたい!という活字好きさんにおすすめしたいです。そしてぜひ感想を教えて欲しいです。

 

おそらく次記事は大変お待たせしているギャップ記事ラストのジョングク編でお会いできるかと思います!2月中…は多分無理なので年度中には!

 

需要の少ないであろう投稿、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

たりょらばんたんのススメ no.2

みなさんこんにちは〜!

今回は前回記事の続き、タルバンおすすめ回紹介のno.2です!EP.51〜99を紹介します。

↓EP.1〜50のおすすめ回

1月中にあげたい、とは言ったものの、こんなギリギリになるとは😅(ギリアウトです)

この機会に、と好きな回を、しっかり見直したのでただの感想文になってる気もしますが、魅力を伝えられるように頑張ります。

 

今回も前回記事で書いた、

<タルバンの内容>

①シンプルゲーム系

②体験系

③お料理系

④場所貸切系

⑤旅行系

に分類していきますよ〜

 

<個人的オススメ回>

・EP51〜EP99編

2018年の5月から、2020年の4月までです。

ちなみに、EP56と57の間に一度長期的なお休みがあったので、2018.5〜2018.7、2019.1〜2020.4という感じです。

EP.50まではミニゲーム形式のものが多かったのに対して、こちらは長期的なもの(3話、4話連続)なものも多いのでボリューミーだし、内容も濃くておすすめ回が絞り切れません。前回より1話1話の説明が濃厚ですいません。あんまりネタバレにならないように…とはその結果「かわいい」しか言えなくなりました。

 

タルバンの50回を記念して、ロッテワールドを貸し切って、アトラクションに乗りながらゲームをする回です!ゲーム自体は51からですが、EP.50の最後からロッテワールドでの回は始まります。

くじ引きで3チームにわかれるのですが、この回はまずチーム分けのカチューシャがめっちゃ可愛いです。顔落ちの新規さんはこの時点でスクショの枚数が大変なことになるでしょう。

f:id:stars5-7:20210118184050j:image
f:id:stars5-7:20210118184054j:image
f:id:stars5-7:20210118184057j:image

ゲームは三つあって、その中で一番の傑作は1ゲーム目のバイキングでの説明ゲームです。怖がりなホビシュガと、意外と?絶叫形苦手なじみんちゃんが怖がりすぎてクイズが成立しないのが、めっちゃ面白くて可愛いです。世の中の男性ってこんな怖がり率高いんですかね?

f:id:stars5-7:20210118184603j:imagef:id:stars5-7:20210118184608j:image

↑怖くてテテちゃんの手を握るジミンちゃんたまらん。

テテちゃんはバンジー回とか、運動回とか見ると、高所恐怖症で怖がってるイメージありますが、アトラクション系は大丈夫らしいです。

カエルちゃんチーム(グクテテ)は、ゲーム関係なく何度でもアトラクション乗ってはしゃいでて純粋に可愛いです。よかったね……うれしいね…

f:id:stars5-7:20210118184733j:image
f:id:stars5-7:20210118184727j:image

f:id:stars5-7:20210118185247j:image
f:id:stars5-7:20210118185244j:image
f:id:stars5-7:20210118184740j:image

アイドルオタは、自担が熱湯持ってジェットコースター乗るところが見たいんじゃなくて、こういう素朴なのが見たいんよ!!!とお台場や汐留に向かって叫びたいです。

新規さんも楽しめる可愛くて笑えてとにかくおすすめ回です!

 

 

  • EP.53-56 ピクニック編 (⑤旅行系)

バンタン7人でバスに乗ってピクニックに行きます!いやーこれは神回です。こんなナチュラルな姿、無料で見ていいの?

まずビジュアルめっちゃいいんですよね。全員黒髪。全員同じテテちゃんいじりTシャツ(落書き付き)。このぐくちゃんのメガネとふわふわなジミンさんの髪型が大好きです。

f:id:stars5-7:20210118190818j:image

f:id:stars5-7:20210118190757j:image

 

・EP53

ペンションへ向かう道中、バスの中でのゲームの様子とご飯のための買い出しの回です。

バスのゲームは全部、バスの中で食べるおやつをかけてやってます。高額なものをかけてるわけじゃないのにいつでも本気でやるバンタンがかわいい。

ゲームはじゃんけんぽいぽいや、あっち向いてホイなど…バンタンあるあるですが、ゲームのルールがイマイチわからないのに可愛いってのが特徴です。

f:id:stars5-7:20210118191107j:image
f:id:stars5-7:20210118191111j:image

表情豊かなしゅがさん。

あとは夕食の買い出し。見どころは爆竹買いたがるテヒョンさんと、アイスクリーム欲しさにジンさんを売るメンバー。

f:id:stars5-7:20210118191431j:image
f:id:stars5-7:20210118191427j:image

エモい?ジンチムも見れます。

 

・EP.54 手繋ぎバトミントン、足球

リアタイで見た時、タルバン史上一番笑った気がします。ペンション到着後、スーパーで買えなかったおやつをかけてバドミントンと足球をしているだけなのですが、とにかくめちゃくちゃ面白いです。

バドミントンは二人一組で手を縛ってやるルールなので、いろんなペアの手繋ぎがみられて、まず眼福です。

f:id:stars5-7:20210119002129j:image
f:id:stars5-7:20210119002124j:image
f:id:stars5-7:20210119002121j:image

バンタンってダンスすごいし、アイドルだしなんとなく運動なんでもできちゃいそうなイメージありますが、それがびっくりするほどできません。

下手で成立しないのを見るのだけでも楽しいのですが、それを見て笑いが止まらないバンタンが平和で可愛いです。そしてあまりに下手なのでスタッフがめちゃくちゃ甘やかしてくれます(最初は50回って言ってたのにいつのまにか7回→5回に…)。

f:id:stars5-7:20210119002314j:image

バンタンちゃんたちもどうにかおやつをもらいたくて、ズル賢さが爆発するのが面白いです。

f:id:stars5-7:20210119002635j:image
f:id:stars5-7:20210119002632j:image

その後、足球でリベンジだ!と挑戦するのですが……

f:id:stars5-7:20210119002833j:image

ジミンちゃんがキレたり…
f:id:stars5-7:20210119002815j:image
f:id:stars5-7:20210119002829j:imagef:id:stars5-7:20210119002823j:image

珍プレーの数々…
f:id:stars5-7:20210119002812j:image
f:id:stars5-7:20210119002826j:image

名言も飛び出します。

とにかく紹介しきれないほど名場面だらけで可愛くて、字幕のツッコミまで面白いのでこの回はちゃんと字幕も追って見て欲しいです!多分新規さんはバンタンのあまりの自由さにびっくりすると思います…笑

でもとにかく笑えて、萌えて、やっぱり笑えます。最高に可愛いです。

ちなみに足球ってのはサッカーボールでやるバレーボール的な感じなんですが、世界的にあるものかと思ったら基本的に韓国だけみたいですね。最近知りました。

 

・EP.55 自由時間と夕食

この回は最初に夕食当番を決めるために全員でゲームをして、自由時間、そして夕食…という回です。

自由時間は、布団で寝るシュガ、ナム、ジン

f:id:stars5-7:20210119080145j:image

wiiで遊んだり、自分たちで決めたルールで遊ぶマンネライン+ホビ

f:id:stars5-7:20210119080246j:image

自由時間に普通に布団で寝ててOKなゆるさが良いし、その環境なのにめっちゃはしゃいでるマンネラインの男子感がまた良いです(スタッフが強制したわけではなく、自分たちで勝手に遊んでいます)。

このはしゃいでる4人、全体的になんだか近くで様子を見ているような気持ちになれます。共学の高校の休み時間の男子たちを見ている気持ち…。

最終的に、罰ゲームとしてお尻を叩くんですが、本人たちがめちゃめちゃ楽しそうで可愛いです。

見てる人が笑っちゃったらその人がまた叩かれる、というルール。

f:id:stars5-7:20210119080601j:image
f:id:stars5-7:20210119080607j:image
くっちゃくちゃの笑顔がかわいい!!!!

 

自由時間の後はヒョンたちを起こしに行くクセの強めなアラーム妖精とか

f:id:stars5-7:20210119081038j:image
あんだけ真剣に夕食当番決めたのに結局みんなで手伝ったりとか…(いいグループ!!!)
f:id:stars5-7:20210119081025j:image

くいしんぼうぐうちゃんとか…
f:id:stars5-7:20210119081032j:image

スタッフさん食べてないんじゃない?と食べさせてあげたり(いいグループ!!!!!!!!!)
f:id:stars5-7:20210119081035j:image
f:id:stars5-7:20210119081028j:image

この回もまた見どころたくさんです!!

いつのまにかテテちゃんがナムさんのTシャツ着てるのは、テテちゃん服のままプール入ったりしたんですかね〜!!絶対放送されてない場面も可愛いですよね…

 

・EP.56 カラオケ大会 詩の朗読

この回は、夕食の後片付けをかけてチーム戦でカラオケ大会をします。

<注意事項>

※アーティストのカラオケのクオリティを期待してはいけません

例えるならば、カラオケオールで一時頃に、「隣の部屋すごいなあ」って感じの雰囲気です(伝わる?)

○ナム、ジミン、テテ

f:id:stars5-7:20210119082845j:image
f:id:stars5-7:20210119082849j:image

とにかくテンションがすごい。

○ホビ、グク

ただただ耳に優しい。二人とも歌が上手いし、いい声!ホビさんの声好きだからこうしっかり聞けてめっちゃ嬉しいです。
f:id:stars5-7:20210119083054j:image

落ち着いた曲なのに、落ち着いてない後ろの方々

○ジン、シュガ

f:id:stars5-7:20210119083320j:image

知ってる曲少ない…と不安がってたとは思えないしゅがさんのシャウト。

ここ数年の中では一番のテテさんの4次元ぷりが観れる気がします。

f:id:stars5-7:20210119084449j:image
f:id:stars5-7:20210119084503j:image

ナムさんの破壊も見られます。
f:id:stars5-7:20210119084459j:image
f:id:stars5-7:20210119084506j:image

 

最後はキャンプファイヤーで詩を朗読します。

バラエティだけどふざけずにちゃんと書いてるのがめっちゃ好感度上がります。

f:id:stars5-7:20210119084828j:image
f:id:stars5-7:20210119084646j:image

恥ずかしがるのがかわいいけど、決して他のメンバーの書いたものをいじったり貶さないあたり大好きなバンタンです。詩の内容もそれぞれの感性めっちゃでてて味わい深いです。

 

 

ツアーでカナダのトロントに行ったときに、一泊二日でペンションにお泊まりをした回です。

タルバン旅行系の中でも、一番旅行感が強く無料コンテンツだとは思えないくらい7人の普段の様子を見せてもらえます!

企画の内容としては、ただ旅行するだけではなく、その一泊二日の中で急に行われる緊急ミッション(ミニゲーム)を次々やっていって、失敗した人が減点方式になっています。最終的にビリの人が罰ゲーム!

・EP.69

ゲームの主旨説明をして、早速どんどん緊急ミッションをやっていきます。EP.71までずっとそうなんですが、「緊急ミッションです!」と言われるとゾロゾロ集まってきて我先に!とやりたがるバンタンさんが無邪気で可愛いです。

f:id:stars5-7:20210119180550j:image

目つきがガチすぎる。

ゲームは説明がほとんどないので(どれも定番ゲームのようです)、ルールがあんまりわかりませんが、日本にも似たようなのあるな〜ってのも多いです。韓国語わからないとよくわからないゲームも多いかもしれませんが、バンタンのコンテンツをたくさん見ていくとだんだんなんとなくわかってきます。

この回はナイアガラの滝を観光しに行って、そのあと韓国料理屋さんでご飯を食べて、夜ご飯の買い出しにスーパーに行くのですが、見どころは、

ナチュラルに人との距離が近いジミンさん

f:id:stars5-7:20210119181405j:image
f:id:stars5-7:20210119181409j:image
f:id:stars5-7:20210119181353j:image

・15秒まばたきしないゲーム

無意識にまばたきしてしまって拗ねるテテちゃんf:id:stars5-7:20210119182613j:image
f:id:stars5-7:20210119181546j:image

スタッフを悪党呼ばわり笑 かわいすぎる

・食べ物への向き合い方が半端じゃないジョングク

最後に一枚余ったピザをかけてじゃんけん。この腕を覗くやつ、日本だけじゃないんですね。

f:id:stars5-7:20210119182122j:imagef:id:stars5-7:20210119182119j:image

ピザ一枚に首や腕に力入りすぎてて笑ある

 

って感じですかね!

スーパーなどでの役割分担を見てると、ヒョンたちの慣れてる感にときめくんですよね〜!!

 

・EP.70

思ってたより寒かったので急遽服屋で買い物をするバンタンちゃんたち。スタッフ誰もやれとは言ってないのに自分たちで賭けをして支払いする人を決めます。買い物の様子も可愛いです〜。

そして、首都ゲーム。緊急ミッション対策のため、とスーパーで必死に予習してたグクテテちゃん。

f:id:stars5-7:20210119202044j:image

だからグクちゃんはいちいち勢いがすごいんよ
f:id:stars5-7:20210119202037j:image

ニコニコテテちゃん
f:id:stars5-7:20210119202048j:image

うれしそうすぎる!!!

そして、この回の見所はなんといってもペンションでの部屋決めです。

バンタンちゃんの部屋決めは大抵、じゃんけんで選ぶ順番を決める→順番にその部屋に入っていく

というルールです。決して早いもの順ではないので、平等です。広くて快適な部屋を選ぶか、競争率の低そうな部屋を選んで一人部屋を狙うか…という心理戦が見てて楽しいです。

各部屋に人数制限はなく、7人が同じ部屋を選んでもそのまま行く!というのが原則です。(実際にはかえてるかもしれないけど)

このやりかた、個人的には小学校の頃の席替えの、お見合い方式ってやつを思い出します…懐かしい…これメジャーなのかな…

誰と一緒に寝るかってファンにとって、めちゃくちゃ重要事項だけど、ここまでくるとメンバーの意識は「誰とでもいいや寝れれば」みたいになってる感じが良いですね(初期のボンボヤージュはもっと真剣にやってた記憶ある)。テテちゃんは抱き枕がないと寝れないのでテテちゃんと同じベッドになると抱きしめられます。

f:id:stars5-7:20210119200954j:image

お前ここでいいじゃん、といわれベビーベッドに寝てみるジミンさん。
f:id:stars5-7:20210119200951j:image

3人がけ?のソファにミチミチに5人で座るのかわいい。
f:id:stars5-7:20210119200949j:image
f:id:stars5-7:20210119201005j:image
f:id:stars5-7:20210119200945j:image
f:id:stars5-7:20210119201002j:image

たのしそう。にこにこかわいい。(語彙力の欠如)
f:id:stars5-7:20210119201010j:image

四人で寝てみようよ〜ってテトリス的な感じで一つのベッドに寝てみるボーカルライン。

このあと、着替えて食事になるのですが、このTシャツ確かジミンちゃんのアイデアでしたよね?ボムだっけ?vliveだっけ?たりょらだっけ?

f:id:stars5-7:20210119201950j:image
食べてるジミンちゃんかわいい。

 

・EP.71 

緊急ミッションの点数は夜の時点で一番マイナス点の多い人が罰ゲームというルールですが、食後から0:00まで、点数の奪い合いができる!というラストスパートです。

勝負したい相手と一対一で、自分の決めたゲームで戦えます。

f:id:stars5-7:20210119204253j:image

いちいち大喜びするのめっちゃかわいい。字幕が天才。

f:id:stars5-7:20210119204259j:image

f:id:stars5-7:20210119204256j:image

手っ取り早く腕相撲でシュガさんに挑もうとする筋肉の塊マンネちゃん。(勝てるわけがない)

自分たちでどんどんルールを作って…最後はどんでん返しもありますよ!!!

f:id:stars5-7:20210119204250j:image

 

そして、この回の一番のファン的見所はやっぱり起床ミッションでしょう!

寝起きのボサボサメンバーが見れます。

f:id:stars5-7:20210119232621j:image

みんな右側から顔出して様子見てるの可愛すぎる。

シュガちゃんは無印のパジャマ着てます。
f:id:stars5-7:20210119232624j:image

f:id:stars5-7:20210119232635j:image

ジミンちゃん女子力高すぎか?f:id:stars5-7:20210119232628j:image

↑どうやらこの男上裸で寝てたらしい
f:id:stars5-7:20210119232638j:image

ねむそうすぎるwww

寝起きの姿を無料で見せてもらえるなんて本当にこの界隈、福利厚生がすごいです。

 

ただ、このEP69〜71に関しては課金に抵抗のない人は、weverseでBehindも合わせて見ることをとにかくおすすめします。

単品売りではなく、月額なので時間のある時にまとめて見るか、長期間登録しちゃうのがおすすめです。

トロント編のBehindでは…

①メンバーたちの日常的な筋トレの様子が見れます。ダイエットしてる方とか、めっちゃモチベ上がると思います。あと、他のメンバーとは毛色の違うジミンちゃんの筋トレがたまらなくかわいくて癒されます。(別にふざけてるわけではなくジミンちゃん専用のメニューらしい)

②夜ご飯のパスタとお肉を作ってるところが見れます。

③ベッドの中の様子が見れます!部屋決め、ベッド決めまでは見れたけど、寝てる様子は本編に入ってなかったじゃないですか…実際はこうやって寝てたのか😳ってことを知ることができます。

④約束のジャケットの撮影場面が見れます

f:id:stars5-7:20210119234941j:image
f:id:stars5-7:20210119234946j:image

というわけで、トロント編もめっちゃおすすめです。ぜひに。

 

 

  • EP.83-85 夏の遠足 (③場所貸し切り系×⑤旅行系)

夏の遠足と称して、水上レジャー施設で遊んだり、バーベキューをしたり、1日盛りだくさんで遊ぶ様子を収めた回です!場所貸切系と、旅行系の良いとこどり、という感じで笑えるシーンたっぷり、可愛い可愛いと目尻が下がり、最後はジーン…と感動シーンまであるとっても魅力的な回です!

基本的に水に濡れてるので、髪の毛まで濡れて化粧も落ちてほぼ素のバンタンちゃんが見られるのも嬉しいポイントです。また短パンから覗くたくましく綺麗な足に目を奪われます。

f:id:stars5-7:20210122143026j:image

 

・EP.83

一つ目のゲーム、水球です!

バンタン×球技は外さないですね〜笑

今回は水で動きが自由に動けない分、一挙一動がより可愛く面白いです。1時間セットしたらしい髪型が一瞬にして濡れるジミンちゃんと、(髪かきあげるからガラがわるい)

f:id:stars5-7:20210122141311j:image

できるだけ濡れないように水を嫌がってるメンバーたち。わちゃわちゃ感つよめです。

シュガさんがハイテンションでめちゃくちゃ可愛く面白いです。🐈

f:id:stars5-7:20210122131840j:image
f:id:stars5-7:20210122131851j:image
f:id:stars5-7:20210122131847j:image

珍プレーもたくさん。

f:id:stars5-7:20210122141420j:image
f:id:stars5-7:20210122141416j:image

 

2つ目はピーナツボート。

途中で簡単な計算を出して、何回のチャレンジで全員正解できるか、というゲームです。

f:id:stars5-7:20210122141711j:image
f:id:stars5-7:20210122141707j:image
f:id:stars5-7:20210122141719j:image

ぐくちゃんはほんとにこういうのすきね。

「速かったら言ってくださいね」と言われたから、必死でパラヨー!(速いです)と訴えるテテちゃん。かわいすぎるが遅くなってくれず。

f:id:stars5-7:20210122141715j:imagef:id:stars5-7:20210122141854j:image

 

なかなか揺れてます!

f:id:stars5-7:20210122141941j:image

125×7を5秒ほどで答えるRM氏。

落ち着いて考えれば難しくないけど、咄嗟にサラッと答えてると惚れるよね。
f:id:stars5-7:20210122141944j:image

↓125×7かあ…と考えるぐう氏。
f:id:stars5-7:20210122141936j:image

f:id:stars5-7:20210122143723j:image

たくさん食べておおきくなあれ!(親心)

 

・EP84

テテちゃんかわいいかわいいの回です(真顔)

ウォータースライダーと、プロップジャンプと、チーム戦のボール争奪戦ゲームをします。

・ウォータースライダー

めちゃめちゃスピードの速いウォータースライダーを前に、やりたくないヒョンたちと、モチベーションの高さがすごいマンネちゃんたち。

空中浮遊時間の長い人が勝ちです。

f:id:stars5-7:20210131130951j:image 

いつだって安全第一なほびさん。いつもありがとうございます。
f:id:stars5-7:20210131131018j:image

このヘルメットほっぺたが潰れてみんなめっちゃかわいくなっちゃう。なかでもじみんちゃんはお餅感が増してます。
f:id:stars5-7:20210131130939j:image

「飛びながらBTS foreverって叫びます!」なテテちゃん。言葉のチョイスも可愛いし、飛んでる姿もかわいいし、みんなにかわいいかわいいされてて可愛い。
f:id:stars5-7:20210131130925j:image

↑ヒョンこんなんでしたよ〜!!とみてたメンバーたちが再現するのがめっちゃかわいい
f:id:stars5-7:20210131131006j:image

ナムさんとぐくちゃんの太ももが堪能できます。

 

・プロップジャンプ

めちゃくちゃ飛びます。飛びながらお題の表情をするゲームです。EP.33のフォトゾーンゲームを思い出しますね。

 f:id:stars5-7:20210131131501j:image
f:id:stars5-7:20210131131522j:image

このジミンちゃんジワる。

☆テテちゃんかわいい四コマ

f:id:stars5-7:20210131131835j:image

f:id:stars5-7:20210131131813j:image
f:id:stars5-7:20210131131824j:image
f:id:stars5-7:20210131132048j:image

テテちゃんって表情から感情全部わかるのめちゃめちゃかわいいですよね。

f:id:stars5-7:20210131132244j:image

ワクワク!なテテちゃん

 

・ボール争奪戦

チーム戦で、ウォーターパークの上を移動し、ボールを自分の陣地に持ってきたチームの勝ちというゲームです。爆笑必至!かわいくて見どころまみれです。

非力だけどやる気だけ満々なしゅがさんが弱かわいいです。

SINの攻防と、グクテテの攻防がいい。

しゅがさんをこんなに雑に押せるのは長男だけですね。f:id:stars5-7:20210131231155j:image
f:id:stars5-7:20210131231136j:image

グクテテ、ぐくちゃんの邪魔するためにテテちゃんが足を絡めて抱きついてるんですが、抱きついた状態で落ちる時、咄嗟にぎゅっと背中に手を回したぐうちゃん男前でほれた。いや、これは道連れにしただけかもしれないけど…
f:id:stars5-7:20210131231133j:image
f:id:stars5-7:20210131231144j:image

すきーーーーー!!!!


もみくちゃ少年団。
f:id:stars5-7:20210131231205j:image

足が逞しすぎるぐくちゃん。こういう身体使ったゲームは彼に勝てる人はいません。
f:id:stars5-7:20210131231148j:image
f:id:stars5-7:20210131231130j:image
・ただただかわいいテテさん。つるりんこがかわいすぎる。

f:id:stars5-7:20210131231158j:image
f:id:stars5-7:20210131231119j:image

↑この瞬間を5人全員(ほびさんは酔いのため休憩中)見てるの愛しい。みんなを笑顔にするテテちゃん。

このゲームはいまいち…ということもなく、全部のゲームがもれなく可愛く面白いのが遠足回の魅力です。

 

85 

ボール争奪戦特別編と、ご褒美のびしょ濡れボートとバーベキューです。

・ボール争奪戦特別編

ぐくちゃんが強すぎるので、ぐくちゃんVSヒョンたちで戦うことにします。

f:id:stars5-7:20210131232930j:image

強すぎるジョングク、頑張るSIN、何度も水に落ちるテテちゃんとそれを助けるナムさん、

f:id:stars5-7:20210131233058j:image
f:id:stars5-7:20210131233103j:image

かっこよさより笑いを届けるジミンちゃん

f:id:stars5-7:20210131233138j:image

わちゃわちゃが強くてかわいいです。

 

・ご褒美ボート

水上でのゲームが終わったので、ゲーム関係なく、乗りたい人がびちょぬれボートに乗るご褒美タイムです。

濡れすぎでワロタ。想像の10倍濡れてます

f:id:stars5-7:20210131233247j:image
f:id:stars5-7:20210131233237j:image
f:id:stars5-7:20210131233241j:image
f:id:stars5-7:20210131233233j:image
f:id:stars5-7:20210131233250j:image

こんなびちょぬれで大丈夫かな?と若干心配しましたが、「最高だった!」と降りてきたメンバーたちみて安心しました。

 

・バーベキュー

髪のセットし直したバンタンちゃんたち。

テテくん横顔きれいすぎない?(新規ペンか?)

f:id:stars5-7:20210131233505j:image

よく食べるバンタン見てると安心しますよねー!いつでも、他にどれだけお肉があろうがラーメンは欠かせないバンタン。バンタンがラーメン食べてるとこ見ると無性にラーメン食べたくなってくるのはアミあるあるですね。

f:id:stars5-7:20210131233510j:image
f:id:stars5-7:20210131233513j:image

ほびちゃんが船酔いで数時間離れただけなのに、戻ってきた瞬間にこんなことあったよって、みんなで口々に報告するのめっちゃかわいいです。いつだって七人でいたいバンタンちゃん。

f:id:stars5-7:20210131234455j:image

唐突に始まるペットボトルふたチャレンジ大会。

好奇心旺盛なマンネちゃんたちの挑戦です。f:id:stars5-7:20210131234722j:image
f:id:stars5-7:20210131234718j:image
f:id:stars5-7:20210131234725j:image

三者三様でめっちゃ面白いですよー!!!!

 

そして、最後の見どころ、マニトへのプレゼント!

事前に、内緒にそれぞれメンバーへ30,000ウォン(約3千円)のプレゼントを用意していました。

誰が誰に何を買ったのか?とても興味深いですよ〜!

プレゼント持って近づいてくるたびにそわそわ期待しちゃうホプミンちゃんが可愛すぎます。

f:id:stars5-7:20210131235114j:image
f:id:stars5-7:20210131235108j:image
f:id:stars5-7:20210131235111j:image

そしてそして、ジミンちゃんがもらったのは感動プレゼント!
f:id:stars5-7:20210131235117j:image

あまりの良さに、見返してもホロリしちゃいました。

f:id:stars5-7:20210201000010j:image

この回については以前も「彼らの愛についての話」というタイトルでブログで感想書いてます。それほど、良かった回でした!

 

 

と、最後は駆け足になってしまいましたが、Run bts タリョラバンタンおすすめ回no.2はここまでです!

ちょっとマンネライン贔屓な感じになってしまいましたが…推しなので許してください!

ほんと、どの回も何回見ても面白いし楽しいし胸を張ってオススメできる回なので、見たことない方はぜひ見てみてくださいね〜!!

 

51〜99には他にもまだまだ紹介したい回あるので、もしかしたら後から追記するかも…

 

次回は100〜現在127?でまたお会いできたらなと思います!それではここまで読んでくださりありがとうございました!

 

たりょらばんたんのススメ

 

新年、あけましておめでとうございます。

f:id:stars5-7:20210103224127j:image

2021年、皆様にとって素敵な一年になりますように。

 

 

突然ですがみなさん!

たりょらばんたん(Run bts)をみよう!

今回の記事は主に新規さんや、タリョラバンタンを見たいけどたくさんありすぎてどれから見たらいいかわからない、、と言う方向けの、おすすめ回の紹介記事です!!

 

----------------ー

タリョラバンタン(Run bts)とは…

vlive

V LIVE - Global Star Live app

V LIVE - Global Star Live app

  • NAVER Corp.
  • エンターテインメント
  • 無料
もしくはweveseで無料で配信されているバンタンが7人でいろんなことをやるバラエティ番組です。直訳すると「走れバンタン」というタイトルで、たるばん、たりょら、などと略されます。2015年から始まっていて、現在は基本的に毎週火曜日21:00〜で1話あたり20分〜40分前後です。バンタンの他のコンテンツが配信されている時などはしばらくお休みになります。2020年1月3日現在、122話まで配信されています。日本語訳が最初から付いている神コンテンツです。

 

ちなみに……アプリの紹介もしときます。

vliveは他のKポアイドルも使用してる動画配信アプリで、バラエティコンテンツだけでなく、アーティストによる突然のlive配信もあります。有料コンテンツでライブの映像なんかもあります。これまでのログも残っていてバンタンの面白いLiveも紹介したいのですが、それはまたの機会に。


f:id:stars5-7:20210103233534p:image

f:id:stars5-7:20210103233520p:image

f:id:stars5-7:20210103233528p:image

f:id:stars5-7:20210103233515j:image

f:id:stars5-7:20210103233525j:image

こんなかんじ。(推し偏りあってすいません)

 

weverseは一言でいうと、BigHitタレントのグローバルのホームページ的な感じで考えたらいいかと思います。SNS的な要素もあれば、公式ショップ的な要素もあります。ファンクラブに入ることもできます。基本的にファンしか見ないので、Twitterより気軽にメンバーが写真をあげてくれたりします。ファンの投稿にメンバーが返信したりもします。

タルバンの内容はvliveもweverseも同じものですが、weverseのほうは有料でBehind映像も見られます。

------------------

 

<タルバンの魅力>

たるばんは、ファンだから、というフィルターを外してもとにかく面白いです!声出すほど笑ってしまう回もたくさんあるし、胸にじーんとくる回もあり、癒される〜って感じの回もあります。

また、基本的に7人だけなので、メンバーそれぞれの人柄や関係性や普段の様子がわかり、多分パフォーマンスだけを見てきた新規ファンの方はギャップにびっくりすると思います。バンタン、とにかくみんなかわいいです!

さらに、番組自体ゆるゆるなので、メンバー同士で反則したり、スタッフに「ルール変えてくださいよぉ」とおねだりしたりします。スタッフも甘々なので「可哀想だからみんなにご褒美あげちゃう!」とか言ったりします。とにかくバンタン中心です。

編集チームもバンタンに甘々なので、字幕がオタクのようで面白いです。20代の男たちを赤ちゃん扱いしている節があります。

そしてみんなで学校の制服を着ていたり、韓服を着ていたりする回もあれば、水にびちょぬれの回もあり、私服にすっぴんの回もあったりもします。いろんな設定や服装を見られるのもファン的には嬉しいポイントです。

 

<タルバンの内容>

内容を大きく分けると5通りくらいのエピソードがあります。

①シンプルゲーム系

個人戦、または2チームまたは3チームに分かれていろいろなゲームを戦います。買ったらご褒美または負けたら罰ゲームがあります。設定は学校の設定だったりその時によって変わります。ルールさえわかれば初心者でもわかりやすく、短く簡潔に面白いです。ルールが分からなくても、わちゃわちゃしててかわいいです。

 

②体験系

先生に来てもらっていろんなことを教わったり、自分たちでやってみたりします。たとえば料理、陶芸、フラワーアレンジメント、アフレコ、コーヒーなどなど…

真面目回か?と思いつつ、毎回ちゃんと面白くなるのがすごい。

 

③お料理系

テーマに沿って料理をして対決をします。料理のできるジンシュガの手際の良さを見て惚れるし、ナムさんの料理を見てヒヤヒヤします。クオズもポンコツでジミンはふざけ、テテは盛り付けに全力を注ぎます。これまで伝説の料理を数々生み出してきた人気企画です。

 

④場所貸切系

バンタンがどこかに出かけて、そこを貸し切っていろんなゲームをする回です。単純に遊園地でゲームをする回もあれば、脱出ゲームをしたり、ゾンビに追いかけられたり、身体を動かしたり…バンタンが売れるにつれて貸し切りの規模も大きくなっています。事前の仕込みが必要な準備も多く、撮影場所の全面協力っぷりとスタッフの事前準備に頭が下がります。頭を使う系のゲームだと、もれなくジョングクのポンコツが見れます。ジミンちゃんも大体キャンキャン吠えています。

 

⑤旅行系

バンタンがコテージなどにお泊まりしたり、日帰りで遊びに行ったりする様子を撮っているリアリティ編です。自然体なバンタンの姿が見れます。寝てる姿とかリアルな料理姿などがみれて、ここまで無料で見ていいの!?と焦ります。旅行の中でもゲームをしたり、カラオケではしゃいだりするので、見どころはたくさんあるし、基本的にうるさいです。オタクはこういうの大好きですよね?!?!これ見て、もっと見たい!ってなった人はぜひ完全な旅行密着番組のBon boyage やIn the soopも見ましょう。

 

 

<個人的オススメ回>

・EP1〜EP50編

さて!ここからは本日のメインテーマ、タルバンのオススメ回を紹介していきたいと思います。全122回までだとあまりに多くていつまでも記事が完成しないのでとりあえず今回は1〜50です。

私はとりあえず全部一回ずつは見ているのですが、サムネを見てこれ面白かったよな〜って回だけ見返したので、少しうろ覚えの箇所があったり、見逃していたりしたらすみません。ちなみにEP1〜50は2015.8〜2018.4なので、駆け出しからFAKE LOVE期、ちょうど世界的に売れてきたぞ〜くらいまでです。

 

  • EP23 ワンちゃん回 (②体験系)

f:id:stars5-7:20210102114313j:image
f:id:stars5-7:20210102114316j:image

ドッグトレーナーの方に教えてもらいながら、バンタンがワンちゃんと戯れる回です。イケメンと動物の組み合わせは尊いって進研ゼミで習いました。個人的にはこのDNA時期の人間味のないビジュアルのテテくんが、ワンちゃんを見てキヨウォ〜(かわいぃ〜)と目尻を下げているのが衝撃的でした。

f:id:stars5-7:20210102115359j:image

それぞれペアになるわんちゃんがいるのですが、どの組み合わせもいいんですよね〜。

ワンちゃんに振り回されるジンさんもかわいいです。でも中でも白くてモコモコのミリちゃんとジョングクの組み合わせが最高でした。キヨウォ〜と目から蜂蜜をポタポタと垂らす(韓国語の慣用句だそうです)メンバーたちに、視聴者も蜜を垂らしてしまいます。笑いはそれほどありませんが、とにかく癒しになる回です!

 

  • EP24 ゾンビ回 (④場所貸切系)

バンタンがゾンビにびびりまくる爆笑の回です。

f:id:stars5-7:20210102123246j:image
f:id:stars5-7:20210102123243j:image

(ちなみにスクショが暗すぎたので少し明るさ調整してます)

脱出ゲームような感じでゾンビがうろうろしている中をヒントを探して脱出する…というゲームなのですが、ゾンビにビビりすぎてぐっちゃぐちゃでグダグダになっちゃうのが可愛くて面白いです。

ジンシュガが怖がりすぎた結果、何故か自分たちがゾンビに擬態して、ずっと「ヴェ〜」と言っているのが意味わからなくて面白いし、ホビジミンが同じゾンビに何度もいいリアクションでびっくりしてるのが可愛いです。対して全然へっちゃらな末っ子のギャップが可愛い。ゾンビはだいぶリアルで怖いですが、それが全然気にならなくなるくらいバンタンがとにかくやかましくて面白い回です。

 

  • EP31 思い出のバラエティ2 (①シンプルゲーム系)

テレビで人気だった思い出のゲームをやってみよう!みたいな企画です。EP30からの続きですが、ミニゲームをバンバンやっていく企画なのでEP31だけを見ても大丈夫です。

MCがシュガで、キムソクジンチーム(タルバンではキムソクジンチームという名前にすると勝てるというジンクス的なものがこの時期からありますw)とアンギョン(メガネ)チームに分かれています。最初の岡持ちゲームやらも面白いので全部見て欲しいけど、なんといっても最後のゲーム、夢うつつゲームが面白いです。

f:id:stars5-7:20210102133301j:image

f:id:stars5-7:20210102194850j:image

f:id:stars5-7:20210103233622p:image

f:id:stars5-7:20210103234751p:image

トマトの歌(童謡?)をきいて、30分寝た後にその歌詞を思い出して歌う、というゲームです。トマトの歌が可愛くて耳に残るのと、なんといっても、ガチ寝しちゃって起きられないジョングクがただただ可愛い笑 パジャマ姿のバンタンがゆるい歌を一人ずつ歌う姿が可愛くて仕方ないです。

 

  • EP33 マニト編1 (①シンプルゲーム系)

マニト、とは秘密の友達、という意味。いくつかのゲームをしながらマニトと呼ばれる特定の一人に対してミッションをこなすというテーマの回です。マニトは一人ずつクジで決めており、ミッションは手を繋ぐ、とかハイタッチをする…などの内容で、マニトにバレないように自然にやらなくてはなりません。マニトにバレないようにミッションをクリアすると、マニトが用意してくれたプレゼントをもらうことができます。

…と、まあこの設定自体も面白く、こっそりとミッションをこなすバンタンも可愛いのですが、なんといっても一つ目のゲーム、フォトゾーンゲームがとにかく傑作です。

f:id:stars5-7:20210102212411j:image

カメラのタイマーに合わせてジャンプして、お題の表情をする、というゲームですが、これが本当に面白い!!

タイミングが合わなくて下手なのも面白いし、出来上がった写真がとにかく面白いし、他のメンバーには判定が厳しめなのがバンタンらしいです。そして、その写真を見て茶化したり、笑いすぎて泣いてるメンバーが可愛くてさらに面白いです。このゲームは何度見ても声出して笑ってしまう最高傑作です。

EP33はこのゲームだけで、EP34はその続きですが、そちらは間違い探しやらビンゴやら…と少しゲーム自体が地味めなので、新規さんはとりあえずこちら優先で見てもらえればと思います。ちなみにEP34の最後にマニトの答え合わせがあり、そのシーンはメンバーの選んだプレゼントが見れて面白いです。こちらは気になったら…という程度です。

 

こちらはEP39からの続きで(EP40は旧正月スペシャルなので間に入っていますが)、次々とミニゲームをやっていく形になっています。安定のMCジンで、ナムテテグクのチームとジミンホビシュガのチームで戦っています。EP39のゲームはやや地味でグダグダなところもあるのですが…(それはそれでわちゃわちゃかわいいけど)、とにかくおすすめはEP41の最後のゲーム、イヤホンガンガンゲームです!!

f:id:stars5-7:20210103131606j:image
f:id:stars5-7:20210103131603j:image

f:id:stars5-7:20210103155510j:image

イヤホンにガンガン音楽が流れていて聞こえない中、口の動きだけで伝言ゲームをするというゲームです。チームの3人で伝言し、最後MCジンに伝われば正解というルールです。

これが、本当に面白いです!私はファンになり、まだvliveの存在を知らない頃、ファンがまとめたこの回の動画をYouTubeで見て一気にバンタンにハマるきっかけになりました😂

通じ合うソプ(ホビシュガ)、通じあわないジミン(名言を生みます)、奇跡の復活劇MCジン、わからなくて「わからない」と伝達するマイペーステテ、謎の動きとともに伝えるナム、とにかく顔が可愛いジョングク…と見どころたっぷりで爆笑間違いなしです。

あと、制服姿が可愛いです。最初は日本の制服とこんなにそっくりなんだな〜と驚きました。

 

  • EP42 アスレチック編 (④場所貸切系)

運動できる施設?的なところで、自転車レースしながらお金を数えるゲーム、アスレチック競走、ジャンプでサンドバッグに飛びつくゲームの3つをする企画です。個人戦ですが、決してばちばちしておらず、ゆるーく応援しているスタンスなのが可愛いです。

f:id:stars5-7:20210103182954j:image

安全が一番大事なバンタンさん…!すき!!

見どころらしい派手なシーンはあまりないのですが、わたしが新規の頃、第一印象のイメージとは違った個人のキャラクターがよくわかり、バンタンへの愛が増した回だったので、バンタンいいな〜と思ってる新規さんにぜひ見て欲しいなと思います!

f:id:stars5-7:20210103182950j:image
f:id:stars5-7:20210103183001j:image
f:id:stars5-7:20210103182958j:image

個人的見どころ

・シュガさんのテンションの高さ

・ジンさんのバラエティ力

・テテちゃんがとにかくかわいい

・グクさんの驚きの運動神経

正直言うと、ジャニーズのような?かっこよさはなく、特に2つ目のゲームは相当のろのろしてるので番組としての派手さはありません!でも私的には無理にかっこつけたりせず、等身大に高いところを怖がったり、頑張りすぎないとこが、逆に新鮮で好印象でした。

 

  • EP47.48青町編 (⑤場所貸切系)

これは、日本で言うキッザニア的なところを貸し切って、謎解きのような?人狼のような?心理戦のゲームをする回です。

舞台は平和な町、バンタン町。しかし、7人のうち何人かが、バンタン町のシンボルを盗むためにやってきた青町の住人で、その侵入者を見つけ出す!というテーマです。昼夜が交互に来て、昼の時間にはヒント探しのために街を散策し、夜はそのヒントを持ち寄って会議の時間になります。最後の夜に侵入者を全員見つけ出すことができたらバンタン町の住民の勝利!一人でも見破られずに騙すことができたら青町の住民の勝利です。

この回はメンバー同士の騙し合いがとても面白いのですが、完全な新規さんというよりは、ある程度他のコンテンツなどでバンタンのメンバーの性格などが大体わかっているひとにおすすめです!こういう頭使うゲームが苦手なメンバー、意外な演技力が光るメンバー…と新たな一面が見られるかもしれません。

あと、割とジ〜っと集中してみないと内容が分からないので、ながら視聴は向いていません。ぜひじっくり見てください。ただ、視聴者もヒントをもとに侵入者を見つけたくなりますが、全部のヒントを把握できないので、正直侵入者を見つけるのは相当難しいです。基本的には視聴者参加型ではなく、バンタンが楽しんでるのを見守る…というスタンスでないと少しモヤモヤするかもしれません。笑

でも、バンタンが様々な職業に扮して演技してるのがまず可愛いです!あんまり見どころを話しちゃうとネタバレになっちゃうのですが、ひとつだけ話すとすると、ポンコツおバカな警察役ジョングクがひたすら可愛いです…

f:id:stars5-7:20210103215000j:image
f:id:stars5-7:20210103215011j:image

↑謎解きがわからずロッカーの暗証番号を0000.0001...と順番に開けようとするジョングク
f:id:stars5-7:20210103215008j:image
f:id:stars5-7:20210103215014j:image
f:id:stars5-7:20210103215004j:image
f:id:stars5-7:20210103215024j:image

↑やる気がなくなり、警棒で遊び出すジョングク
f:id:stars5-7:20210103215017j:image

 

でもぐくちゃんだけでなく、全体的に出来が悪すぎて、スタッフも最終的にヒントを与えまくります笑

f:id:stars5-7:20210103215314j:image
f:id:stars5-7:20210103215308j:image
f:id:stars5-7:20210103215311j:image

最終的な勝ち負けは見てのお楽しみ!

一回見ただけだと、ん????となるかもしれないけど二回目を見るとそれぞれの立場からの視点で見れてより面白いかもしれません!

笑える、という回ではありませんが、心理戦を見るのが好きな人は楽しめるかと思います!!

 

以上で、タリョラバンタンおすすめ回EP1〜50でした!「タルバンのおすすめ回が知りたい」って声を、割とTwitterでも知恵袋等でも見かけるので、そういう方にぜひ読んでもらえたら嬉しいですね。

次回また後編のEP51〜最新までのおすすめ回を紹介したいと思いますので、出来上がったらここにリンク貼りますね!できれば三連休中、無理でも1月中には書き終わるように頑張ります。

 

つづきはこちら

↓EP.51〜99

 

 

それではここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

 

初めての深い愛おしさは嵐

f:id:stars5-7:20201231001427j:image

嵐の活動休止まであと丸1日。

約2年前に、ずっと来ないで欲しいと願っていたその日が来てしまいました。

 

個人的には嵐を追いかけ始めてから約12年。

でも、リアルタイムで応援していたのは12年間とはいえ、ファンになってから、1999年からの映像を見たり、曲を聴いたりする中で、嵐21年分の活動を享受させてもらいました。

 

改めて、嵐さん、21年間、たくさん癒しや愛をありがとうございました。

どのように気持ちをまとめたらいいのか、

さみしさを昇華させたらいいのかわからないので、とりあえず手紙のような形でメッセージをまとめておきたいと思います。

 

 

 

相葉さん。

私が嵐というグループを認識したきっかけは、相葉さんの存在でした。動物番組が好きで志村どうぶつ園を毎週見ていた小学生の頃、初めて嵐というグループの一員として認識した相葉さん。かっこよくて爽やかで面白いお兄ちゃん的な感じで目に写ったことを覚えています。

 

「優しくって少しバカ」という言葉がここまで似合う人が他にいるかな?

バラエティでもミラクルを起こすし、天然さでフフッと笑わせてもらった回数も数え切れません。とにかく期待を裏切らない男。

でも何より相葉さんの土台には底が見えないほどの優しさの基盤があって、その人柄のおかげで、何をやらかしても笑い話になったり、現場を和ませる力があると思います。

二宮くんが愛すべきバカの定義として「力配分に損得勘定がないひと」と言っていたけれど、相葉さんはテレビ越しにもその「おばかさ」が伝わってくるから、見る人を惹きつけるんだと思います。

どうやって生きたらそんなに綺麗な心のまま生きていけるんだろうなあ?

嵐のメンバーは気持ちを隠したり、周囲の空気を読みがちな人が多い中、相葉さんの素直な言葉がなんどもファンの心の代弁をしてくれてジーンとする瞬間がありました。

ソロの仕事だとか責任のある仕事をするときは、緊張感があって、きっと素の性格の人見知りもあって、相葉さんの本来の素顔が出てくるまで時間がかかる印象があるけど、長く関わる中で周囲の人も丸ごと相葉さんの優しい世界観に包まれるようなその雰囲気がとても素敵だと思うので、1月以降のご活躍もとても楽しみにしています。

21年間、嵐の素直さと優しさの象徴でいてくれてありがとう。大好きです。

f:id:stars5-7:20201230191843j:image

 

 

松本さん。

嵐が自分たちでも「売れたな」と実感し始めた2007〜2008年ごろ。やっぱり花より団子の影響はすごかったし、ちょうど私も流行りに敏感な小中学生だったので、その勢いを肌で感じていました。

道明寺というキャラクターの魅力ももちろんあるけど、その頃の松本さんは、そのイメージを裏切らずにいてくれたからこそ、今でもずっと変わらずに応援し続けている道明寺入りの松本担が多い気がします。

ファンになってから見える松本さんは、不器用さが垣間見える可愛い男でした。不器用で、うまくできないことに苛立ったりする場面を笑いにかえることができる周りのメンバーとの関係性が「仲良いな」に繫がるし、第一印象と違うからギャップで「潤くんかわいいな」にもなる。

 

でもやると決めたことにはストイックで手間も時間もお金も惜しまない姿は、ファンの期待にたくさん応えてくれたし、嵐全体への信頼に繋がりました。

これだけストイックで極めたがる性格の潤くんの関心の先が、コンサートの演出でよかった。それは嵐を好きで、嵐のステージを誇りに思っていたからだとおもう。潤くんのやりたいことが妥協なくできる嵐で、周囲のスタッフでよかった。潤くんと意見がぶつかり合うような、こだわりの強い人が他にいなくてよかった。潤くんの関心がもし他のものにあったとしたら、あっという間に嵐を抜けてたと思うし、崩壊していたと思う。

グループの中でのリーダーのあり方とか最年長のあり方っていうのはグループに与える影響が大きくてよく話題になっている印象があるけど、最年少も最年少でいろいろなあり方があると思います。不器用でシャイで、こだわりの強い男。一見したら扱いづらい最年少かもしれないけど、他の4人がこの4人だったからこそ、うまく武器にすることができたと思います。

21年間、嵐を誇りに思っていてくれてありがとう。ストイックに嵐の良さを突き詰めてくれてありがとう。大好きです。

f:id:stars5-7:20201230191947g:image

 

 

翔くん。

目がくりくりで、顔が整っていて「嵐の顔」な翔くん。それこそ嵐が売れ始めた時、周りには翔くんファンがいっぱいいました。

翔くんはギャップの塊のような男。ニュースキャスターもこなし、頭もよく、育ちも良く、容姿端麗で、何も知らずに顔だけ見たら戦隊モノのレッドのような存在。でも、知れば知るほどポンコツさが隠しきれていないところが、愛しくてたまりませんでした。得意料理は麦茶で炊飯器でお米を炊いたことすらない(ここまでくると本当に麦茶が作れるのかさえわからない)し、なんでそんなこと知らないんだ?と思うようなズレてる発言も多々見られます。筋肉はあるのになぜか腕相撲は嵐で一番弱いし、ファッションセンスはないし、なぜだかダサくて残念。

でも、バラエティ番組では翔くんの残念さでたくさん笑わせてもらったし、何事も全力投球な姿勢に、ストレートで力強い目力と言葉に胸を打たれてきました。翔くんのギラギラとした闘志と、普段は隠している反骨精神が、嵐やファンが前を、そして上を向くための着火剤になったことも数多いと思います。

大学まで出ているから、学生時代の友達も多く、それこそ売れる前までは周りを見れば見るほど不安になったり、迷ったりする瞬間もあったと思います。だけど、いつも毅然とした態度で嵐を信じ、しっかりと立っていたからこそ、他のメンバーもぶれずにいられたと思います。みんなの兄貴で頼りになる存在だからこそ、その精神的な強さと弱音を吐かない姿がみんなを支えていたと思います。

自己主張が少ないリーダーと、こだわりの強い最年少の狭間で、5人の意見をまとめ、みんなの意見をすり合わせて、総意に落とし込める調整役。嵐の民主主義の代表のような存在でした。その役目もメンバーからの信頼が厚いからこそ。

21年間、嵐を正しい方向へ導いてくれてありがとう。大好きです。

f:id:stars5-7:20201230192501j:image

 

 

大野さん。

歌がうまくて、ダンスもうまくて、アーティストとしての才能に満ち溢れている大野さん。嵐のパフォーマンスの魅力には大野さんの存在とそのスキルが欠かせませんでした。聴いていると落ち着く嵐5人のユニゾンの歌声も、ベースは大野さんの歌声。安定感でライブでも歌番組でも安心してパフォーマンスを見ることができました。

自己主張は少ないし、ハングリー精神はあまり感じられないけど、決して何も考えていないわけではなく嵐を思い、ファンを思っているその気持ちはいつでも伝わっていました。

嵐の魅力といわれて誰もが浮かべる、仲の良さや雰囲気の良さは、大野さんがいたからこそです。大野さんの独特な包み込むような空気感があったからこそ、年上の威圧感を決して出すことはなくなんでも受け入れたからこそ、嵐が誰にでも愛される仲良しのグループになれたんだと思います。大野さんのマイペースな雰囲気、そしてそのリーダーをたてて周りから支えるメンバーたちの姿がグループの理想的な姿にうつりました。嵐が国民的アイドルにまで登り詰めた愛される秘訣はやっぱり大野さんの存在が大きいです。

のほほんとしているようで、好きなこと、熱中することはどこまでも極めたり没頭する大野さん。その真剣な目つきや好きなことに向き合うときのワクワクした子どものような表情がなんとも魅力的でした。

本人はもしかしたらやりたくなかったかもしれない、向いてないと思っていたかもしれない。でも確かにあなたはアイドルでスターでした。みんなに愛されるべき人でした。

どれだけの期間姿を見られなくなるのか、もしかしたら、歌って踊る姿を見られるのは今日が最後かもしれないなんて、悲しくて寂しくて仕方ありません。戻ってくれるのを信じてるなんて言ったら重荷に感じてしまいそうだから、また嵐としての大野さんを見たいなあと、祈るような願うような気持ちで待っています。嵐4人のことをずっと好きでいてね。見守っていてね。

21年間、嵐のメンバーを好きでいてくれて、続けていてくれてありがとう。大好きです。

f:id:stars5-7:20201230220713j:image

 

 

そして、最後に一番だいすきな二宮くん。

二宮くんの魅力が語られるときに、一番に「演技が上手い」という言葉で語られることが好きではありませんでした。二宮くんの本業はアイドルであり、他にも魅力がたくさんあるからです。

でもそんなことを言っている私も、嵐にハマったきっかけは思い返すと二宮くんの演技でした。2008年に流星の絆を見ていなかったら、嵐ファンになっていなかったかもしれません。二宮くんは自分の仕事や人生を「運がいい」と何度も話していますが、確かに運の良さもあるけど、二宮くんの周囲で起こることは二宮くん自身の内面が影響しているんだということをわかってほしいなと思います。魅力的な役が舞い込むのも、二宮くんの人望や演技力のおかげです。二宮くんだったからこそ、わたしは有明家のおにいを好きになったんです。

二宮くんのどこが好きなの?と聞かれると答えに困りますが、一言で表すとすると「自己プロデュースがうまいところ」です。ジュニアの頃の番組を見ると二宮くんはぽけーっとしていて天然でどちらかというとボケでいじられタイプでした。でも二宮くんはグループ結成後そこからグループ全体を見てキャラを変えました。優しくてほんわかしているメンバーが多い中で、どうすればバランスがいいか、どう見えるか、どうしたら面白いかを考えて行動した結果、ツッコミ役で口の悪いキャラクターになったことで、会話にテンポが生まれ、メンバー全員でのトークにメリハリがつくようになりました。嵐がバラエティに強くなったのは二宮くんのおかげです。"他の人を変えずに自分が変わる"ができる人は強いです。努力を見せないけれど誰よりも努力をしているんだと思います。自己犠牲で嵐の盾となってきた二宮くん。弱いようで内面が強く男気が溢れている二宮くんが大好きです。

パフォーマンス中もそうです。カメラにウインクをしたり、目線を変えたりと、メンバーの中で一番どう映るかを把握しています。何事も俯瞰で考えられるところが強みだと思うし、そういうところがファンの心を掴んでいます。

器用で大抵のことはそつなくこなしてしまう二宮くん。楽器が弾けるところ、料理もやればできるところ。筋肉はないけど運動神経はそれなりによくアクロバットもできちゃうところ。記憶力がいいところ。頭の回転がはやく、咄嗟の切り返しが上手いところも大好きです。二宮くんがいたことで、回避できたピンチもきっとたくさんあったはずです。先頭を走ることの多い、櫻井、松本が咄嗟の時に頼るのが二宮くん。視聴者から姿の見えないところで嵐を支えていたのは二宮くんだったと思います。

素直じゃなくてひねくれているところも好きです。素直じゃなくて天邪鬼なくせに、好きなものに対しては愛が重ためなところも好きです。特に嵐に対して。二宮くんのファンをやっていると、二宮くんが本当に誰よりも嵐を好きだということがひしひしと伝わってきます。とにかく4人のことが大好きだって、見れば見るほど感じます。居心地がいいんだろうなあ。本当にいい人たちなんだろうなあと思います。二宮くんがメンバーのことを大好きなことが、嵐のメンバーが本当にいい人なことの証明になっている気がします。

嵐が大好きで嵐のために生きていたような二宮くん。燃え尽き症候群にならないように…と言っていたけれど来年以降の二宮くんはどうするのか少し心配でもあり楽しみでもあります。ファンとしては歌ってる二宮くんが好きだから変わらずに歌って欲しいし、ドラマも出て欲しいし、バラエティとかMCとかやってほしいけど…。どうなんだろうな。二宮くんの活躍がファンの誇りで自慢なのでまだまだ活躍して欲しいなあ。

21年間嵐を愛してくれて、守ってくれてありがとう。そして嵐を見続けてくれて考えてくれてありがとう。大好きです。

f:id:stars5-7:20201230233549j:image
f:id:stars5-7:20201230233555j:image
f:id:stars5-7:20201230233552j:image

 

嵐さん。

たくさんの愛と笑いと癒しと感動をありがとう。

大好きです。ファンでいられて幸せでした。

私のはじめての深い愛おしさは嵐でした。

 

 

とりあえずは今夜のライブで、一度嵐もファンも燃え尽きて、想いを全部出し切って、その先でまたそれぞれ笑えたらいいな。

そして、再出発の時には「おかえり」と声をかけたい。それまで大好きで待っていたい。

いつか笑ってまた再開、そう絶対。

 

 

 

あと24時間。全力で嵐を応援し続けます。

トップになったあなたたちへ

f:id:stars5-7:20201227145820j:image

「トップになりたいって夢、絶対に叶えようね。」

 

2004年の24TV当時のことを知らないわたしでも、この言葉は嵐の中で大きな意味を持つ言葉だと、ずっとそう思って過ごしてきました。ことあるごとにこのお手紙の音声が使われ、ファンの中でも嵐のメンバーにとっても大事な言葉になっているということをファンになりたての頃に知って、なんだかおまじないのような気持ちでこの言葉を聞いていました。

 

何年か前に(それこそTwitterを10年以上やってるのでいつかわからないけど、少なくとも休止を発表するより前だったとは思います)Twitterで、

「嵐がトップになれるのは、本人たちがトップになった、と感じる時だろうけど、あの5人はたとえトップになったとしても、トップに立ったと言わない謙虚な5人だから、いつまでも夢は叶わないんだろう」みたいなニュアンスのツイートをみたことがあって、すごく胸に響いたことを覚えています。(すみませんツイート元あったら教えてください)

 

 

だけど、今、嵐にしやがれで放送された嵐五人旅の中で、2020年11月13日の大野くんが言いました。

「今のうちら、トップじゃん」って。

 

これを聞いた時の感情を嬉しいと表現していいのか寂しいと表現したらいいのかわからないけど、とにかく胸にくるものがありました。

普段謙虚で、でしゃばったりしないメンバーたちだけど、嵐のことに対してはとても自信を持って胸を張って自慢してくれていることが、ファンとして誇らしくて嬉しくて。

でも、その反面「うちらトップじゃん」と大野くん以外のみんなも自覚しているのならば、この言葉の魔法のような効力はもう切れてしまったような、嵐はもういつのまにか目標を達成してしまっていたんだなと寂しい気持ちになりました。本当に一区切りついてしまった気がした。

 

嵐がこれから先もずっと最前線で活動を続けていたとしたら、今のように振り返る機会がなければ、本人たちが顔を合わせて「ここまできたね」って「トップになれたね」なんて言い合う機会はなかったかもしれない。

トップになりたい、って、力強いようで掴みどころのないふわふわした目標を、掴もうとまだまだ走っていたかもしれない。

 

 

 

 

嵐が足を止めると発表した、2019年の1月のことは、よーく覚えています。血の気が引く感じがした。それからもう2年経ったなんて。

今年に入ってからは思うような活動ができなくて、会いたいのに会えなくて「休止の時期を遅らせる」って言ってくれないかな、って何度も思っていました。

でも、嵐はやりたいことができないのが残念、とは言っていたものの、できることを2020年の年末までとにかくやる、というスタンスを曲げることはなく、迷いを見せることもなく(ネトフリ見れてないのでその中でそのような場面があったらすみません)、特に翔くんが「2年用意したんだから無責任とは言わせない」と、まあ言い方はこんなじゃなかったけど、会見で言っていた言葉をブレることなくもち続けたことが、寂しくもあり、ありがたくもありました。

ファンのいくつかの言葉で、変わるような結論じゃないこと。ファンのことももちろん大事だけどメンバーのこと(この場合大野さんのこと)がやっぱり何より大事なこと。それが伝わってきました。

 

 

私がこのブログを始めたのはちょうどその休止会見の直後でした。

2019年の頭に書いたブログはとにかく悲しくてだいぶやさぐれていて、

 

10年好きでいたってほんとのことなんてわからないんだなあ

 

と嘆いているけど(そこからこのブログタイトルになっているんですが)、その時の私に安心して、と言いたい。

 

嵐は、ちゃんと、あなたの大好きな嵐だよ。 

 

なんだか結果論で悔しいけど、一区切りつくことがわかってからのほうが、ちゃんと嵐のことを見ていたし濃厚だった。受け止める温度が違った。

きっと休止がなかったらいまは、ただの年末で、わたしはBTSに夢中で、嵐の年明け番組容量足りないわ〜なんて言いながら、嵐の番組の録画を逃してもやっちまったな〜で済む程度だった。

だけどいま、また私は嵐の番組を絶対に録り逃さないように慎重に録画予約をしているよ。

 

自粛期間中の紙芝居だって、退屈な日々の中での楽しみだったし、とくに今年は嵐の暖かさをいっぱい感じたなあ。やっぱり好きだなって感じることが多かったな。

 

 

あと2年間の間に、これまでの思い出をぶち壊したり、嫌な記憶で塗り替えられたりしないように、いままで以上の楽しい記憶でいっばいになるように祈りながら、願いながら、私はこれからも彼らを応援し続けていこうと思います。

 

何を心配していたんだか。

まあショックな出来事はあったけど

 

最近は少しずつ来年の話が出てきていて(あまり明言はされていないけど)、とにかく5人の関係が終わるわけではなく、仲良しでいてくれそうなことが精神安定剤になっています。でも会おうとしないと会わなくなるんだもんなあ…せめて月1では集まって欲しい……

 

 

嵐が嵐として一緒にいるのは、今日を入れてあと5日。

たくさん準備をしてくれているだろうし、いまはとにかく嵐5人の健康と無事を願うばかり。

 

 

いつのまにかトップになっていたあなたたちへ。

嵐でいてくれてありがとう。

みんなに愛されていてくれてありがとう。

 

あと5日。

まだまだ嵐を巻き起こしてね。