たかが10年 せいぜい1年

嵐ファン10年ちょいのオタクが 防弾少年団にハマって1年 比べたり並べたりしながら 思考を整理するための吐き出しどころ

大野智を待つということ

(相当なネガ記事になるかと思っていましたが、推敲しているうちに、最終的に前向きになりました。

最後はただの私の決意表明みたいなものです。文体もころころ変わって読みづらくてすいません。またまた自己満足です。)

 


休止が発表された時、嵐ファンはもちろん、btsファンだってざわめいてたし、リア垢でもみんな嵐の話をしていたし、目の前をとおりすぎる通行人もみんな嵐の話をしていた。

そんな中で私は、「大野くん確かに辞めたそうだったもんね」って言葉が1番嫌だった。しかもだいたい言ってるのは全然詳しくない人。

確かに辞めたそうってなに?ちゃんと嵐を見てる訳でもないのになんでそんなこと言うの?って相当イラついたし、実際にその発言について怒ったツイートをした。でも、あとから考え直して、「本当は辞めたくない」人が「辞めたそう」に見えるのは反論できるけど、「本当に辞めたい」人が「辞めたそう」に見えるって、それって事実じゃん……って気づいてしまった。ちゃんと嵐のことを知らない人でも気づいてしまう「辞めたそう」感。逆にファンは盲目で気づかなかったのかな?というか、薄々感じても「だって嵐のこと好きだし辞めるわけないじゃん」っていう根拠の無い前提が大きすぎたんだと思う。10年間見続けたって気づかなかったことがまだまだあるし、じゃあ一体この10年間ってなんだったんだろうか?

 


盲目なわたしでも確かに大野さんはグループで活動するにはあまりにも外を向いている人だなあと思います。

彼自身が嵐の人達のことは好きで、ファンのことは好きだったとしても、アイドルとしての仕事はすきではなさそう(好んで自分で選択してやりたくはなさそう)

と思います。

10年以上前の彼は(といってもその頃のことをリアルタイムで知っている訳では無いけど)、もう少し内側を向いていることが多かったと思うんです。

アイドル活動にモチベーションがあった、というか。

例えば、歌い方(母音の響かせ方)を前のアルバムと変えてみる、だとか。自分のソロ曲のダンスを自分で作って魅力的に魅せるだとか。自分からメンバーにスキンシップを取りに行く、だとか。アイドルとしての技術向上に前向きだったというか、もっと歌うこと踊ることに対して能動的だったようにかんじます。でも、それがある程度彼が満足してしまったのか、飽きてしまったのか、年齢重ねる上での諦めなのか、ほかの趣味が楽しくなりすぎてしまったのかわからないけど、きっと、歌うことも踊ることも、振り付けを考えることも、きっと彼にとっては今は、やらなければいけないこと、仕事のひとつでしかないように感じます。

 

 

 

もう一度あの日に戻るとしても同じ道を選ぶだろう


ってきっと大野さん言えないんだろうな。

てか逆にこの状況で本気でそんなこと言ってたらサイコパスでは?

 

 

 

会見で「戻ってくることはありえる」「その時のためにビジュアルは維持したい」と話していたけれど、それは、彼からでてきた言葉なんだろうか?彼の望んでいる自由って一体どの程度のことだろうか?

 


自担がテレビで見れるならいいなんてことあるわけない。歌って踊る姿が見たい。嵐のコンサートに行きたい。

でも待つことしかできません。

きっと、それはメンバー4人も同じです。

待っているメンバーを見ているのもきっと寂しい。

 


あと、心配なのは、本当に戻ってくることがあるのだろうか?ということと、もし戻ってきたとしても、変わらずに私たちは同じ気持ちで受け入れられるんだろうか、ということ。

大野さんがこれから先、また、パフォーマンスに対して積極的に能動的になるという姿が想像出来ないんです。そこの4人と1人の熱意の差が、今1番悲しいのかもしれない。きっと、手を抜いてなんていないんです。今だってあと2年間一生懸命、誠意を持って……と思ってるはずだし、それを感じられない訳でもないんです。……でもやりたくてやってるようには感じない。

 

 

 

結局は過去の姿や発言なんかが、信じたいのに信じきれなくなってきて、今まで見てきたのってなんだったのかなって不安になって、好きだったものまで好きじゃなくなっちゃう気がして、

本当にたかが10年だな、と思うんです。

10年好きでいたってほんとのことなんてわからないんだなあ。

 

 

 

大野さんが「辞めたい」と思って、それを口に出してしまった時点で、もう「5人で嵐」は無理があって、無理やり続けさせるのも無理だって分かるし、4人で変わらずに活動してほしいなんてことも露ほども思わないけど、結局未だに私達の望みは、もうそんな世界どこにもないって、もう無理だってわかっていたって、本人達自身が5人とも「嵐でいたい、嵐でよかった」と思っていて、実際に「ずっと5人が嵐でいられる未来」を応援していたかったんだと気付かされてしまった。

 


5人でやるのも無理で4人でやるのも無理なら、その中での最善は確かに活動休止で、復活を待つということなのかもしれない。

 

 

 

今回の件で、幻滅した人や担降りした人の中には、「最初から出会いたくなかった」とか「好きにならなければ良かった」と言っている人もいるけど、私はそうは思わない。

なんだかんだ言いながらも、私は嵐がこの5人でよかったと思ってるし、20年間第1線で走り続けてくれてありがとうって思ってるし、嵐を好きになれてよかった、と思っている。10年好きでいて、その都度たくさんの幸せを貰ったし、あらゆることへのモチベーションを高めてもらったし、いろんなかけがえのない人との出会いや思い出を作ってもらった。

きっと、あと2年の活動期間だって、文句は垂れつつも、ずっと好きでいるんだと思う。

だから、あと2年間の間に、これまでの思い出をぶち壊したり、嫌な記憶で塗り替えられたりしないように、いままで以上の楽しい記憶でいっばいになるように祈りながら、願いながら、私はこれからも彼らを応援し続けていこうと思います。

 

f:id:stars5-7:20190214073632j:image